英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【計るだけダイエット】目指せ3kg減!

 

緊急事態宣言解除後、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

まったく巣ごもり生活だった私ですが、ほんの少しだけ行動しています。

 

まず、英会話。

教育訓練給付コースなので、再開してしまったら行くしかない。

自宅でオンラインなんてこっぱずかしくて無理なので、様子を見ながら再開する予定にしています。だいたい、対面でもわからないのにオンラインで聞き取るスキルなんてない。それができるなら、はじめからオンライン英会話を選んでいましたから。それでもマスク越しなので、難易度は高めだなと思います。

休んで2ヶ月。ほんの少し上達した感覚も振出しに戻っているところが残念です。時間ができたら、もっと詰めて勉強するつもりだったけど、やっぱりできなかったな。

 

もうひとつ、チェックし始めているところがあります。

こちらは決定したらアップすることにしまが、決まらなかったら・・・後日譚として残すことにしようかな。

 

ところで、体重が3kgが増えたことは前にもアップしています。

禁酒しても体重が減らないなら、なんの楽しみがあると言うんだろう(号泣 

fuwari-x.hatenablog.com

 

このまま夏を迎えて薄着になれる状態ではありません。

なんとかせねば!

 

思い出したのが、10年以上前にチャレンジしたバナナダイエット

当時の記憶を辿ると、朝食はバナナのみというものだったと思います。

面白いようにするする落ち始めると嬉しくなって余分なものを食べなくなり、数ヶ月かけて5kg以上減りました。

その半面、加齢によるお肌のハリのなさから来るのでしょう、ほうれい線が目立ち、しわっぽい顔になってしまったことを覚えています。

そう。歳をとって痩せるのには注意が必要なのよ。

 

それでも月に1kgの牛歩戦術もまたまどろっこしい。

いや待てよ、そもそもなにをしても減っていないじゃないか。

バナナだけで我慢できるならバナナダイエットでもよし、結果が出せるようにもうひと頑張りしてみよう。

 

バナナだけなんて結局過食を生みそうだから、今回はパス。

選んだのは、当時バナナダイエットと並行して始めた体重を計るだけダイエット

確か1日3回体重計に乗っていたと思います。

計るタイミングは、

 

① 朝起きてすぐ

② 帰宅後すぐ

③ 寝る前

 

チェックすべき点はいくつかあります。

②が一番体重が少ないので、これを目安にして頑張ります。

③は食後3時間以上空けて計ること。2時間しか空けられない日もありますが、私の場合は食後の甘いものをセーブする目安となります。

その結果、③と比べて①でどれぐらい体重が減っているかが大事な点です。

 

つまり、

①は、前日食べ過ぎた量がわかる目安となります。

 

体重記録に使っている無料アプリはふたつ。

タニタの健康管理アプリ ヘルスプラネット

f:id:fuwari-x:20200603143052p:plain

これは、タニタの体重計を持っていると連動して便利なようですね。

私の場合、選んだのは以下の理由です。

 

メリット  1日何度でも体重入力ができる

      家にある体重計に表示される体脂肪率と内臓脂肪レベルも入力できる

デメリット 3度も計るとグラフを見ても増減がわかりにくい(苦笑

      体重と体脂肪と同じグラフに表示されないので関連がわからない

      なぜか人気がなくて、インストール者数が少ない 

 

● 体重管理SmartRecord

f:id:fuwari-x:20200603143400p:plain

こちらは、iphoneにしか対応していないようですが、シンプルで使いやすいです。

 

メリット  1日2回しか計れないが、その分グラフを見て増減がわかりやすい

      入れた項目(体重・体脂肪)が同じグラフ上に表示される

      人気アプリで、インストール者数が多い

デメリット 1日3回計ることができない

 

どちらかに絞ればいいというものの、夕食の食べ過ぎを抑制するためにも3度計りたい、でもグラフはシンプルに見たいという理由から、今のところふたつとも入力しています。

 

さてさて、経過はどうでしょう。

計り始めてまだ1週間ですが、効果が出てきています

①~③を時間帯別に見てみると、4日目ごろから減り始め、なんとなくこのままいくと1kg減が見えてきているかな?という感じ。

 

夕食後は、今でも甘いものを食べたりしていますが、それはほんの一口にして、食べ過ぎる前にプレーンヨーグルトやナッツ、ドライフルーツに切り替え、少量ずつ食べることでストップをかけやすくしています。

また、やめられない、止まらない となった日は、やはり翌朝にしっかりオンされてしまっているので、ストップするのも徐々に早くなっています。

それ以外に間食の習慣はないので、たぶん、夕食後のチョイ食べが私の太っている原因なのでしょう。

 

あとは、習慣にしているヨガとNike Training Clubでなんとかなるはずだ!(笑 

fuwari-x.hatenablog.com

 

最後に。6月3日の感染者数です。4月末から倍増していますね。ロシアとブラジルが急増していますが、とりわけ対策なしのブラジルがいつ、どう落ち着くのか気になります。

f:id:fuwari-x:20200603150805p:plain

 

皆さまも、気を抜かずお過ごしくださいませ~

 

【Stay home】女性用手作りマスクは通常よりも長くすると効果的

お題「#おうち時間

 

緊急事態宣言による自粛がやっと終わりそうですね。

これからの第2波こそ警戒しているので、私自身は当分出掛けることもないと思いますが、さて、世の中はどう変わっていくんでしょう。

少なくとも明日からまたあの満員電車が徐々に復活していくんですね。自粛生活の中でのメリットのひとつが空いた電車だったな~

英会話のレッスンがまだ受講できた3月の終わりにこの話をしたとき、教わった英語のことわざを何度も思い出しました。

Every cloud has a silver lining.

(どんな雲にも銀色に輝く裏地がある。
 転じて、どんなに困難な状況や悪いことにも、何かしらの良いことがある)

 

ところで。

手作りマスクは洗い替えも含めて地道に作り続けていました。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

もともと、娘がハンカチマスクを使っていたので、夏に向けて手作りマスクのほうがいいんじゃないかと思って作り始めたのですが、ふと「この大きさでは顔を隠すのに中途半端」だと言ったのです。

 

なるほど。いまひとつ私も装着感が悪いと思っていたのは、ここにあったかも。 

メイクをちょっとばかりサボれるマスク生活ですが、通常の大きさだと隠す面積が中途半端なんですよね。

 

そこで、ちょっと長めにしました。

上が通常の大きさ。下が横に長いバージョンです。

f:id:fuwari-x:20200525120339j:plain

 

これだと、ゴムの長さも耳のすぐそばからなので引っ張られることもない。

長時間装着での耳の痛さもなくなります。

 

裏側は、前回ガーゼを絶賛しましたが、着け心地はいいもののぴったり張り付いてきて暑い。麻だといいかもしれないと思いますが、あんまり通気するのも用途から外れるし、あくまで残り生地での作成なので、今は裏表同じ生地で作っています。

あくまで自分の飛沫を飛ばさないという程度のものですが、フィルターを入れられるようにポケットを作るなどの工夫もできるかと思います。

通勤はともかく、ちょっとした買い物に出掛けるときには手作りマスクもエコですよね。

 

多くの人が型紙をアップされています。

私もそこから好みの形をいくつかプリントアウトして、修正を加えていきました。

小さいサイズはたくさんあるのでもういいかと思いつつ、これからまた夏バージョンも考えてしまうかも(笑

 

【Stay home】太り続ける私。禁酒効果もナシ(涙

お題「#おうち時間

 

禁酒生活を続けています。

最後の日本酒を買ったのが3月15日。そのあと日本酒の禁酒生活に入り、ちょうど2ヶ月になりました。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

その後、在庫のビールとワインを飲んでいましたが、まず1ヶ月ぐらいでワインが終わり、ゴールデンウィークにはビールもなくなりました。

今あるのは、バルト三国で買ったリキュールが残りわずか数mlと数年前に漬けた梅酒ぐらい(しかもいまひとつ美味しくないので放置されている)

 

休肝日を設けて飲めばいいのにという娘の言葉に誘惑されつつも、冷蔵庫に鎮座している日本酒を見ながら飲まずに我慢できるとは思えず、はたまたワインもしかり。しかも、飲むなら何がいいかという意見が相棒と一致しないことをいいことに、禁酒生活を継続しています。

家にいる時間も長いし、いつもならもっと飲んでいたはず。いいタイミングで禁酒を決められたと思います。でもまだ、やっと2週間なんですよね(汗

 

ところが。体重が100gも減らないのです。自粛生活のストレスが、どうやら甘いものに向いているようで、やたら口寂しい。去年7月の健康診断の体重からは、きっかり3kg増。しかもさらに危なそう。

下記でも書いたように、ヨガも続けているし、休日はNike Training Clubもしています。食後のデザートとしては食べますが、それ以外に間食することは滅多にありません。それでもやはり、消費カロリーが自粛生活で圧倒的に少ないんでしょう。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

まずは、買うのを止めました。今、家にあるのはプレーンヨーグルトと柑橘類。そして、それでももう少しぐらい甘いものもいいだろうと思って作ったパウンドケーキ・・・

ハイ、パウンドケーキのバターの量ってハンパじゃないですよね。でも、1cmずつと決めてちびちびやってます。自分で作れば、バターの量もお砂糖の量もわかっているので、ちょっとビビって多く食べずに我慢できるから。

 

今、バナナブレッドで話題になっている若山曜子さんのレシピはめちゃ簡単なので、ぜひ作ってみてください。ふつうパウンドケーキのようにバターをクリーム状になるまで練り混ぜるといった工程がまったくないんです。

はじめに作ったのはこちらのはちみつケーキ。私は去年カナダで買ったメープル風シロップが残っていたので、それで作りました。

www.instagram.com

 

話題のバナナブレッドも作りましたが、どちらもオーブンを予熱している間に準備できちゃう手軽さです。

mi-mollet.com

 

うちの朝食はホームベーカリーで焼いたパンがほとんどなので、強力粉はたくさんありますが薄力粉は置いていません。お菓子には薄力粉が基本だろうと思ったのですが、調べてみるとスポンジケーキならカステラっぽくなるといったふうで、言い換えてみるとちょっとしっとりした仕上がりになるという情報を見つけ、そのまま強力粉で作ってみました。すると家で作るお菓子としては、まったく問題なし。これも大発見でした。

 

そろそろ 自粛生活も終わりそうですね。

体重を何とか絞らないと、服を買い替えなくてはならないぐらいやばいです(大汗

パウンドケーキも気が済んだので止めます〜

 

【Stay home】バラの季節もそろそろ終わり

お題「#おうち時間

 

自粛生活のうっぷんが一挙に噴き出しそうな危うさをはらんだ今日のこの頃、皆さまはまだ持ち堪えていらっしゃいますか?

 

私がヨーロッパデビューを果たしたのは2012年。それまでは、じーっと家にいるのが好きでした。今でも旅行以外はそんな感じです。

だから、Stay homeもなんのその。すっかりお尻に根が生えて、旅行熱も徐々に冷めています。もちろん、キャンセル待ちは入れてありますけど(笑

 

さて。咲き始めからご紹介していたバラも、この週末でほぼ終了。まだまだ咲き続けますが、色褪せてくたびれた花を咲かせるものも多くなります。

 

fuwari-x.hatenablog.com

fuwari-x.hatenablog.com

 

先週、フェンスを彩ったのはつるアイスバーグと、名も知らぬ赤いバラでしたが、アイスバーグというのはさすが強健種で、いつまでたっても美しい花を咲かせてくれます。カミキリムシに巣作られたまま、生き延びてくれるのか心配。

f:id:fuwari-x:20200518113012j:plain

 

アーチに仕立てていたのに台風で倒れてしまったグラハム・トーマス。移植後の今はこんなにこじんまりとした株になってしまいました。それでもよく生き延びてくれたとホッとしています。でも、結構な年寄りなので、これが最後の姿かもしれません。

f:id:fuwari-x:20200518113026j:plain

 

暑苦しいぐらいに咲くとご紹介したロージー・カーペットは、今はこれぐらい。真夏の暑いときにこの色で覆いつくされると、結構うっとうしい(ゴメン)のですが、咲き始めの今は、かわいい。

f:id:fuwari-x:20200518113325j:plain

 

ロージーカーペットと似たタイプで、もう少しおとなしいのがバレリーナ。遅咲きなので、やっと咲き始めました。でも、この色だとおとなしすぎてオリーブの陰に隠れ、存在感があまりありません。植え付ける位置って本当に難しい。

f:id:fuwari-x:20200518113100j:plain

 

そして大好きなシャクヤク。これが13日の開花状況。

f:id:fuwari-x:20200518113038j:plain

 

そして、16日にはここまで咲き切って、きのうの雨でほぼ終わりになりました。花が大きいのでぐ倒れちゃうんですよね。自分の顔の重さに耐えかねるって、ちょっと笑える。

今年は咲き始めから終わりまでが早かったです。暑かったですもんね。

f:id:fuwari-x:20200518113049j:plain

 

ところで、3年前にホームセンターで買ったシャクヤクも植えてあるんですが、今年もまた咲きませんでした。前回、シャクヤクは重い株がいい株だという話を書きましたが、まさにその通り。結局、株が育つまでは咲かないようです。来年こそは望めるかなぁ・・・

一方、こちらの株はここに植え付けてから7年ぐらいになると思います。そろそろ株分けしなくてはいけないのですが、失敗したらどうしよう。こちらも最後の姿かもしれません。

 

1年のうち、ピークはほんの2週間ほど。今年はStay homeでゆっくり楽しめましたが、やっばり来年の今ごろは旅行記を書いていられるといいな。

 

【GreenSnap】この植物図鑑アプリは精度がいまひとつ

お題「#おうち時間

 

そろそろStay homeも飽きてきましたね(笑

これが危ない兆候なんでしょうけど、もともとは出不精な私。もはや出掛けるという選択肢が脳内に浮かぶことすらありません。

季節もバラの季節。休みの日の多くが庭仕事に手を取られます。 

 

バラはあっという間に満開を迎えます。

早いもので3日、遅くとも1週間でピークを迎えると言ってもいいぐらい。

前回は1輪ずつの姿でしたが、今回はもう少し多めに写してみました。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

前回と同じ順番でご紹介します。 

グラデーションを帯びると紹介したバフビューティーはこんな感じ。まだ色目に均一感があるかな?

f:id:fuwari-x:20200511134415j:plain

 

メアリーローズはド派手に咲いています。これは秋口まで繰り返し咲きますが、1輪が大きいので、株に対して花のボリュームが多くなるにつれ、だんだん暑苦しくなってきます(笑

f:id:fuwari-x:20200511140340j:plain

 

1輪だけ撮ると上記のメアリーローズと似ているように見えたラレーヌ・ヴィクトリアは、もう少し小ぶりの花です。数年前、元気がなくなったので短く切って移植し、ダメなら処分しようと思っていたところ、ようやくここまで戻って来ました。でも、背が高くなってしまってどう仕立てればいいのやら。こういう技術もセンスも私には皆無です。

f:id:fuwari-x:20200511134341j:plain

 

鮮やかなショッキングピンクうららスマホカメラだと色が飛んでしまいます。こちらもハデハデですが、満開になってもいかにもバラらしい姿が続くので、見惚れてしまいます。だから、家の中から一番見えやすいところへ植えているお気に入りのひとつ。

f:id:fuwari-x:20200511134353j:plain

 

暑苦しさでは右に出るものがいないのが、こちらノックアウト。暑苦しさにノックアウトされる(笑

二重咲きで1輪だけ見れば地味なぐらいですが、1枝にたっぷり花芽をつけるのでハデハデ。花がらを摘んでも摘んでも、摘むだけ次の花芽をつけるといった具合で、それこそ冬になっても咲き続ける強健種です。こちらもカミキリムシに巣作られていますが、勢いを落とすことなく咲き続けてくれています。f:id:fuwari-x:20200511134439j:plain

 

名も知らぬ赤いバラとつるアイスバーグは同じフェンスに誘引しています。去年まではパレードというショッキングピンクで大輪のつるバラも植えていたのですが、カミキリムシに巣作られたこととカイガラムシをびっちりとつけるので抜いてしまいました。

でも、今度はこのつるアイスバーグにカミキリムシが入ってしまったので、これも同じ運命を辿ってしまうかもしれません(涙

f:id:fuwari-x:20200511134426j:plain

 

初お目見えは つるサマースノー。こちらもアーチに仕立て、毎年見事な数の花をつけてくれていたのですが、グラハム・トーマスとともに台風で倒壊してしまったので移植しました。棘がほとんどなくて扱いやすいつるバラですが、移植した場所が合わないのか花付きは悪いし病気にやられて成長が芳しくありません。

下にちらりと見えているピンクのバラはオールド・ブラッシュという、これまたよく花をつけるバラでしたが、こちらもカミキリムシにやられてしまい、週末に抜きました。よく咲くんですが、あんまり美しくない姿だったかな(ちょっと小声)

f:id:fuwari-x:20200511134329j:plain

 

遅咲きの品種でロージー・カーペット。小さなショッキングピンクのバラを房状につけ、まさしくカーペットのように一面を覆います。まだ咲き始めなので、これからが本番。でも小さいながら、これから夏にかけて暑苦しいぐらい咲きます。

f:id:fuwari-x:20200511134404j:plain

 

楽しみにしているのはバラだけではありません。

毎年咲くのを待ち焦がれているのがシャクヤク

これが昨日の状態です。気温が高かったので、見るたびに少しずつほころんでくるので目が離せません。f:id:fuwari-x:20200511134614j:plain

 

ところで、左側にちらりと紫の花が見えていますよね。季節の終わりにホームセンターであれこれ入って1箱1,000円みたいなセール品だったので、花の名前がわかりません。

前にPicture Thisを試すとめちゃくちゃ優秀なアプリで大感動でしたが、課金し続けるほど新たな植物との出会いもなかなかないので、無料期間の1週間で削除してしまいました。

fuwari-x.hatenablog.com

 

でも、この紫の花がなにかを知りたいと思って代わりを探すとGreenSnapというアプリがありました。無料に魅かれて試してみましたが、まったくあてになりません。もう笑えるほど違う。

こちらは花が好きな人が集まるという目的のアプリのようです。だから、わからない花は教えてくださいといった使い方をするといいみたい。

greensnap.jp

 

そして今朝。メアリーローズの傍でシャクヤクが2輪開花を始めていました。真っ白な花が本当に美しい。

f:id:fuwari-x:20200511134507j:plain

 

シャクヤクは根っこだけで売っていることが多いのですが、ずっしり重いものがいいんですよと若い店員さんが選んでくれたのがこれです。もう10年近く毎年楽しませてくれています。

これからしばらく次々と開花するので、毎日の主役となります。たった1週間ほどの花の命ですが、一等席に植えています。しかも最後は早めに摘んで家に活けたりといった贅沢もしています。

f:id:fuwari-x:20200511134452j:plain

 

もうしばらく庭の最盛期が続きます。

そして、それが終わったころにはStay homeも終わっているといいな。

特定警戒都道府県在住の旅好きのみなさま、もうしばらくおうちで頑張りましょう。

 

【Stay home】ゴールデンウィークはバラの季節の始まり

お題「#おうち時間

 

6年ぶりの自宅で過ごすゴールデンウィークは、庭仕事とダーニングで明け暮れました。くたびれた靴下は旅行中に処分することにしていたので、修繕すべき靴下がほとんどなかったのが残念。代わりに薄くなった布巾などにステッチを入れたりして楽しんでいます。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

5月はバラが咲き始める季節。カミキリムシにやられることも多いし、お手入れも大変だし、徐々に減らしていっているのですが、それでもこの季節が来るとちょっと報われた気持ちになります。

 

咲き始めた一部をご紹介します。

トップバッターを切って咲き始めたのがバフビューティー。新参者で3年ほど前に購入したものです。家にはないオレンジ系だったので迎え入れました。咲き始めから終わりにかけて色が変化していくので、フェンスに植えるとグラデーションを帯びた仕上がりになります。

f:id:fuwari-x:20200507134155j:plain

 

一番古いバラがメアリーローズ。以前はもっとつるバラに近い伸びがありましたが、すっかりおばあさんになってしまっています。ゴールデンウィーク中に次々と花を咲かせ、今、一番賑やかになっています。

f:id:fuwari-x:20200507134219j:plain

 

ピンクのバラは、もうひとつラレーヌ・ヴィクトリアを植えています。こうしてみるとメアリーローズと似ているように見えますが、もっと丸みを帯びてころんとしたカップ咲です。

f:id:fuwari-x:20200507134207j:plain

 

 鮮やかなピンクはうらら。これは植えた当時はよく咲いたのですが、場所を転々とする不幸に見舞われ、長らくわずかしか花をつけなくなっていました。新しいシュートが出にくい品種なのですが、今年はよく伸びてやっと元の姿に回復してきています。

ショッキングピンクと言っていい華やかな色が、ほかのピンクのバラとは一線を画しています。

f:id:fuwari-x:20200507134251j:plain

 

ほぼ赤と言っていいのがこちら、ノックアウト。

カミキリムシにやられているのでいつまで持つかわかりませんが、強健な品種で秋の終わりまで繰り返し咲き続けてくれます。驚くほど多くの花数をつけ、巨大なブッシュに育ちました。

f:id:fuwari-x:20200507140232j:plain

 

全体像はいまひとつですが、濃い色から徐々に薄いピンクに変わり、変化の楽しめるバラです。ただ、あまりに多くの花をつけるので、楽しんでいるよりも花がらを摘み取る作業がのほうが大変。通りからの目隠しにも、もしかすると鋭い棘は防犯にも役立っています。

f:id:fuwari-x:20200507135926j:plain

 

ご近所の方にいただいた、名前の知らないバラもひとつあります。昔からあるいわゆるバラといった風情で、真っ赤なバラです。バラは思っているよりもずっと強く、順応性もあるので、挿し木で持ってきていただいた2本とも根付きました。

f:id:fuwari-x:20200507134242j:plain

 

白バラは人気の品種、アイスバーグを植えています。繰り返し多くの花をつけてくれるので、かわいがっています。ただ、このバラを購入したバラ園の方が、その後すぐにお亡くなりになったのには驚きました。

f:id:fuwari-x:20200507134230j:plain

 

こちらはフェンスに仕立てているつるアイスバーグで、もうすぐフェンスいっぱいに白い花を咲かせてくれます。

このつるアイスバーグは先のアイスバーグを買ったバラ園の後を継いだ弟さんから購入したもので、なんとこの方もその後、急死してしまったというなんともいわくつきのバラ。おふたりの置き土産のように咲き続けてくれています。

f:id:fuwari-x:20200507134316j:plain

 

唯一の黄色いバラがグラハム・トーマス。このバラはアーチに仕立てていましたが、台風でアーチが倒れてしまい、根元まで切り倒したあと移植しました。それまでとは異なり、細いシュートを出すのがやっとで去年は花も咲かず、もう終わりかと思っていましたが、今年はわずかですが蕾をつけてくれました。大好きなバラです。

f:id:fuwari-x:20200507134303j:plain

 

その他、新たなステージを迎えている植物も少し。

以前、鳥の落し物から育った植物をPicture Thisで検索した話を書きました。そのうちのひとつ、ヤマザクラは移植後に枯れてしまいましたが、隣にあったスナップインゲンは収穫のときを迎えています。 

fuwari-x.hatenablog.com 

f:id:fuwari-x:20200507134537j:plain

 

オリーブの花が今年は咲きそう。実付きがいいようにほかの品種のオリーブも植えて待ち構えています(笑

f:id:fuwari-x:20200507134602j:plain

 

植えて5年になるプルーン。去年、小さな実をいくつかつけたものの落ちてしまったのですが、今年はたくさんの実をつけ、だいぶ育ってきました。欲張らずに摘果しなければいけないそう。めちゃくちゃ楽しみにしています。

f:id:fuwari-x:20200507134550j:plain

 

外出自粛は続いていますが、もうしばらく小さな楽しみを見つけて頑張ろうと思います。

 

【Stay home】手作りマスクを手縫いで続々作成中。ダーニングもおススメ。

お題「#おうち時間

 

旅好きの皆さま、もう4月も終わりですね。旅に出られない自粛生活をいかがお過ごしでしょうか。

私は6年ぶりにゴールデンウィークは家で過ごすことになりますが、それに先立って大掃除をしていました。吹き抜けに吊り下げてあるファンや、梁、高窓などをテーブルの上にさらに脚立を載せて拭き掃除したり、換気扇の分解掃除をしたり、清々しい生活を送っています。

 

庭も春を迎えています。

例年、ゴールデンウィークごろに咲き始める数十本のバラもそろそろ準備が整っているようだし、芍薬の蕾もかなり大きくなってきました。

台風でアーチが倒壊し、植替えを余儀なくされたバラも無事根付いており、無事に咲きそうでホッとしています。

 

手仕事はもっぱらマスク作りに費やしています。

使い捨てマスクも若干在庫がありますが、いつまで続くかわからないこの生活、毎日捨てるという行為に嫌気がさしてきて、ハンカチで代用してきました。

ハンカチを折り畳んで、ゴムを通すだけという簡易版です。

f:id:fuwari-x:20200430094150p:plain

 

でも、これだとそろそろ暑くなってきたのと、道中で知らない人に見られるのはいいとして、社内で装着するにはちょっと恥ずかしい。とはいえ、自分の飛沫を飛ばすのは心配ですよね。

そこで、手作りマスクの作り方をネットで探してみると、ありました、ありました。皆さんすごいですね~ ネット社会の便利さを痛感します。

 

ミシンがなくてお裁縫が不得手な私だと、裁断から仕上げまでで1時間半ほどかかりますが、ミシンがあればものの10分でできるんじゃないでしょうか。作り方は立体マスク・手作りで検索しました。YouTubeでたくさん公開されています。

 

昨日作った最新作がこちら。表はブロードで、裏はガーゼ生地です。

f:id:fuwari-x:20200430094055j:plain
f:id:fuwari-x:20200430094108j:plain

 

型紙もいくつか試したし、不織布をあいだに挟んだり、ゴムがしんどいので紐にしたりもしてみましたが、なによりもやはり口に当たるのはガーゼのほうがいい。裏をガーゼにすると伸縮度が違うので、下手な私ではうまく縫えないだろうと両面同じ生地を使っていましたが、断然ガーゼが気持ちいいですね。

生地も残り生地ですが、ガーゼもシーツからのリメイクです。夏場はガーゼのシーツが気持ちいいので使っているのですが、擦り切れて破れそうだったことを思い出し、それを使ってみました(笑

ガーゼを使った場合は、鼻から顎にかけての中心部もステッチで押さえないとおさまりが悪いしほつれやすい点が手間ですが、そんな手間なんてなんのそのというほど快適でした。

すでにいろんな生地で10枚ほど作り終えていましたが、連休中にもうすこしガーゼタイプを作ろうかな。

 

それともうひとつの手仕事がダーニング

寒い冬にモンゴルウールの靴下が大活躍していたのですが、少々値段が張るにもかかわらず、2年も持たずに穴が開いてしまいます。踵ならまだしも、爪の形が悪いのか中指あたりから薄くなってくる・・・

他にも、お気に入りのものに限ってひっかけて破ってしまったり、肘がくたびれてきたりしますよね。今年も大活躍だったカーディガンの肘がいよいよ薄くなってしまって、処分してしまったところでした。

そんなところに見つけたのがダーニング。

 

ダーニング=darning=かがりもの は、ヨーロッパ発祥の衣服の修繕方法で、靴下でもセーターでも、ジーンズでも、穴が開いたり薄くなったりしたら修繕して長く使用します。特に寒い国ほどニットが多いので、そういった技術も発達したのでしょう。

私の子どものころでも母が繕い物をしていた記憶がありますが、経済が発展して使い捨て文化が進み、そういうこともしなくなりました。でも、長く使い続けられる方法があるなら、せめて家庭内で使うものぐらいそれもありかなぁと、今回の自粛生活で思いました。

ダーニングで調べたらいろんな方法や作品が出てきます。一度取り掛かってみたら、結構病みつきになりますよ。白いセーターでもシミを気にせずガンガン着ようかという気になりました(笑

f:id:fuwari-x:20200430103928p:plain

 

ダーニングのよいところは、生地の下にダーニングマッシュルームを入れ、上からかがることができる点です。上の画像の水色の糸で繕っている写真がちょうどその様子になるのですが、私は丸みを帯びた化粧品の瓶で代用しました。ブログを検索していると、電球や駒、こけしなどを使っている人もいましたよ(笑

若いころにパッチワークや編み物などをしていたころもあるのですが、使わずにしまい込んでいた刺繍糸や毛糸なども活用できることも嬉しいし、できあがっても物が増えないのに楽しめるのもいい。セーターなんて何枚もいらないからやめてしまった私には、もってこいの作業です。

いろんな技術があるようなので、追々習得できるといいな。

 

最後に4月30日の感染者数を。来月末はもうアップしなくて済みますように。

f:id:fuwari-x:20200430121532p:plain