英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【プラハ】3日目-1 ヴァーツラフ広場~モルダウ川

 
翌朝、そういえば新市街地のヴァーツラフ広場へは行っていないことに気づきました。この広場はソ連からの独立運動プラハの春」や、ソ連崩壊によるビロード革命など、数々の歴史的事件の舞台となっています。
 
さらにこの近くに国立オペラ座があり、ここで今夜何やらチケットを取ったらしい。
考えてみれば、こんな格好で行けるところなのか?
ともあれ、下見も兼ねて向かいました。
 
共和国広場のそばにある市民会館は1911年建造。2人の建築家の合作で、ガラスドームのスメタナ・ホールと内部装飾が見事なアール・ヌーヴォ建築の傑作です。
ちょうどこの1階に見える場所にレストランがあるのですが、この翌日にディナーで入りました。
 
すぐ左側には火薬塔。
f:id:fuwari-x:20191108164915j:plain
 
15世紀後半造のゴシック様式の塔で、壁面にボヘミアの君主や守護神の像が飾られています。17世紀には火薬庫として使用、上は展望台になっています。
 
朝8時半の写真ですが、日の出は8時。
建物も確かに暗いのですが、晴天なのに、まだ薄暗さが残っています。
 
スメタナホールと火薬庫の位置関係はこんな感じ。

f:id:fuwari-x:20191108164920j:plain

 
15分ほどでヴァーツラフ広場に到着しました。
正面は国立博物館なのですが、改築中で長期閉館しています。f:id:fuwari-x:20191108164924j:plain
 
近づいていくと、聖ヴァーツラフ騎馬像。

f:id:fuwari-x:20191108164929j:plain

 
このあたりはホテルやデパート、スーパーやファーストフードなどが並び、若者の多い場所です。でも、この時間はまだ早く、気配なし。
隣の国立オペラ座もチェック。 (ココ、重要) 
f:id:fuwari-x:20191108164937j:plain  
 
プラハの春の折にはデモ隊で埋め尽くしたそうですが、どんなにかすごいことだったでしょう。
 
この近くに共産主義博物館があり、古いソ連を懐かしむような、めったにみられない共産主義関連の施設なので、見学しようと思っていました。
モスクワオリンピックのマスコットやマトリョーシカのパロディーも多く、大きなレーニン銅像やら、当時のポスターや、家具、バイク、指令室の再現など、その頃の暮らしを想像させられる博物館だそうです。
でも、まだ開館には時間があったので、娘が上がりたがっていた、カレル橋塔へ向かうことにしました。
広場の突き当りを左へ行くと、ヴルタヴァ川の方向です。
 
ヴルタヴァ川まで来ると、傍らに立派な劇場が建っていました。
もしやこれは、国民劇場!(ここも重要) 
 f:id:fuwari-x:20191108164944j:plain  
 
国立オペラ座はドイツ語で上演される劇場です。一方、この国民劇場はオーストリア帝国の一部だった時代、一段低く見られていたチェコ人が、チェコ語で上演できる劇場がほしいと熱望し、市民の寄付によって建てられています。
スメタナチェコ人でありながらドイツ語を話し、チェコ語はのちに学んだということで、【わが祖国】の第2曲、「モルダウ」も「ヴルタヴァ」ではないのです。
母国語も許されていなかった時代があったチェコ人にとって、この国民劇場は民族の誇り。
 
振り向くと樹氷で真っ白なペトシーン公園。 

f:id:fuwari-x:20191108164948j:plain

 
レギー橋からは、プラハ城、カレル橋がきれいに見えました。 

f:id:fuwari-x:20191108164955j:plain

 
しんと凍るような空気が、風景をより美しく見せているように思います。 

f:id:fuwari-x:20191108164959j:plain

 
とても寒かったのですが、ここからの景色には心奪われました。
冬の早朝ならではですね。

f:id:fuwari-x:20191108165006j:plain 

 
レギー橋を渡ります。

f:id:fuwari-x:20191108165012j:plain

 
対岸の美しい建物も透き通った空気に映えます。 

f:id:fuwari-x:20191108165017j:plain

  
対岸を川沿いに歩いていると、奇妙な彫刻に出くわしました。
【Crawling Babies】とありましたが、いったいなに? 

f:id:fuwari-x:20191108165022j:plain

 
観光客が解説を聞いていましたが、David Černý氏の彫刻。
顔がないのは成長性のない共産主義を揶揄しているとか。
 
巨大さが隣に歩く人でわかります。全部で三体ありました。

f:id:fuwari-x:20191108165026j:plain

 
長く見るには、不気味な印象の彫刻でした。
 
この赤ちゃん、ビルを上っているバージョンもあります。
David Černý氏のHPではその他の作品も載っていますが、あまり品のあるタイプではなさそうな。