英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【秋田】はじめての秋田2日目-3 角館から田沢湖温泉郷へ

2017年(平成29年)3月18日(土)
 
角館駅へ戻ってきました。
 
実は急いだ理由は、在来線に乗ってケチろうというだけではありません。
新幹線に乗らないまでもバスも運行しており、12時16分発という手がありました。
ただ、せっかくだから乳頭温泉で日帰り入浴はどうだろう?と考えていたのです。
 
せっかくだから、田沢湖畔も散策したい。そのあと、乳頭温泉まで行くには、12時25分のバスで田沢湖下車、1時間後の13時32分に乗って乳頭温泉へ行かなければ、日帰り入浴時間が終わってしまうのでした。
 
事前調査はかなり中途半端に終わっており、乳頭温泉へのアクセスがよくわかっていなかった私。秋田出身ブロ友さんのまんちさんにイチオシしていただいていた鶴の湯も、私が宿泊するホテルと同じアルパこまくさまでの送迎がありました。
アルパこまくさは温泉施設を備えた情報センターです。
 
アルパこまくさでタクシーを捕まえられるなら、行きだけでも鶴の湯まで行くことができる。帰りは3km歩いてもいいかと考えをめぐらせつつ、でも、差し当たりはバスで行ける妙乃湯を第一候補に、とにかく列車へ。 

f:id:fuwari-x:20190405124027j:plain

 
田沢湖線の列車内は、だだーんと長い座席。
ボックス席は2つだけです。

f:id:fuwari-x:20190405124032j:plain

  
車窓からは雪景色をみると、秋田駅周辺よりぐんと寒いようです。

f:id:fuwari-x:20190405124039j:plain

 
20分ほどで田沢湖到着です。

f:id:fuwari-x:20190405124045j:plain

 
バスに乗るには、事前に乗車券を購入しておくこともできるし、車内で支払うことも可能です。でも、温泉までは高額になるので、千円札がなければ先に購入が必須ですね。 
 
バスの出発まで20分ほどあったので、ちょっとのんびりしていたのですが、ふと気がつきました。
 
果たして日帰り温泉って、タオルは?
妙乃湯は入湯料800円。電話してみると、やはりタオル代は含まれていませんでした。しかも、貸しタオルの料金が 540円。しかも、よくよく見ると乳頭温泉といえば連想する乳白色のお湯ではない模様。あれは鶴の湯だけかぁ。でも、乳頭温泉を目前に入る? 入らない?
 
田沢湖駅から玉川温泉行と乳頭温泉行がほぼ同時刻に出発するようで、人気は玉川温泉のほうに軍配が上がるようでした。4月まで、玉川温泉は休館しており、新玉川温泉だけでこの集客力?それともほかにその沿線に何かあるのでしょうか。
とにもかくにも、リサーチ不足が否めない今回の旅行。 
 
とにもかくにも田沢湖へ。
満員のバスから、ここで降りたのは10名足らず。
田沢湖畔のバス停傍のレストハウスのおじさんが待ち構えていました。
湖畔はすぐ傍。

f:id:fuwari-x:20190405124109j:plain

 
でもね~ とにかく寒い!
突風吹き荒ぶ湖畔。次のバスまでの1時間をどう過ごせばいいのかというぐらいの寒さ。
 
飲水思源像の傍に行こうとしても、風が強くて近づけないほど。 
  
 「飲水思源」とは、中国故事成句のひとつで
 「水を飲む者は、その源に思いを致せ。」という意味。
 広く解釈して「井戸の水を飲む際には、井戸を掘った人の苦労を思え」
 という意味で使われる。              wikiより抜粋
 
この飲水思源像は台湾から贈られたものなんだそうです。
 
湖畔の旅館はほぼ休館だったように思います。
スキー場からも遠いし、冬に楽しめることはないってことなんでしょうね~
せっかくの田沢湖畔なのになぁ。
 
で、ワタクシたちはどうしたかと申しますと。退屈しのぎに歩くことを選択しました。
バス停の位置はチェックできるので、頃合のところまで歩こうかと。
 
しばらく行くと辰子観音像があります。田沢湖で有名な辰子像ではありません。

f:id:fuwari-x:20190405124138j:plain

 
こちらは明治百年記念として、昭和43年に建立されたもの。
自分の美貌を永遠に残したいなんてどんなに美しかったんだろうか辰子さん。
辰子伝説はこちらから → たつこ伝説
 
途中、タクシーを何度か見かけました。お客さんを降ろしてまた通ったら、絶対に鶴の湯へ行ってもらうぞ。
でも、どれも貸切の観光タクシーのようでした。あぁ、なんとも心残りな鶴の湯
  
2駅歩いた田沢湖橋のバス停のそばに山のはちみつ屋というお店がありました。
ピザ工房と、ハチミツ屋、そしてお菓子工房です。 
 
バスの時刻を確認すると、13時32分。
え? 田沢湖畔バス停から1分? 私たち、20分以上は歩きましたけど(涙 
 
これ以上歩く必要もないので、お店を見学することにしました。
各種はちみつに、はちみつジャム、はちみつ甘酒やはちみつ飴もありました。
でも、欲しいものは重い。バスの時間が気になったのでお菓子工房へは寄れず。
 
少し遅れてバスはやってきました。
さすがに1分じゃ、無理ですよね。 
 
ここから20分ほどでアルパこまくさに到着です。
 
乳頭温泉は今から温泉に泊まるので、まぁいいかと断念することにしました。
でもその代わりに、チェックインまで1時間を過ごさなくてはなりません。
 
ここ、アルパこまくさの温泉もタオル持参のところ。地元民らしき方々が結構やってきます。私たちはここで秋田駒ヶ岳の自然や、火山活動のビデオをのんびり見ていました
 
ここまでホテルの迎えは来てもらえますが時間があるので歩いて行くことに。
雪がなければ10分ほどの場所です。 
 
アルパこまくさからの道の両脇は除雪された雪の山。
 
つららも下がっています。
松本清張だったか、つららでの殺人事件を描いた小説があった気がするのですが、この硬さに鋭さ、可能だなぁと思いました。 
  
思ったより距離はありましたが、普段通れる道が雪でふさがっているためでした。
さて、今日の宿泊先ホテルグランド天空に到着です。