英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【秋田】はじめての秋田3日目-1 秋田駅近く「寛文五年堂」でランチ

2017年(平成29年)3月19日(日)
 
6時前、カーテンを開けて外を眺めました。
田沢湖が朝日に映えますね~

f:id:fuwari-x:20190405124355j:plain

 
田沢湖から少し右に目をやると、こちらも日の出直後の雄大な景色。

f:id:fuwari-x:20190405124401j:plain

 
1時間後のレストランからの景色はまた違う表情をしていました。
でも、いくら撮ってもこの景色は切り取れないですよね。

f:id:fuwari-x:20190405124407j:plain

 
朝食は、なんてことない旅館の朝食ってとこなんですけど、なんといってもあきたこまちですから、おかわりまでしちゃいました。

f:id:fuwari-x:20190405124413j:plain

 
さて。在来線で秋田へ戻るには、9時36分の列車に乗らなければなりません。
アルパこまくさ発のバスは8時54分。
きのうの飲み代をお支払いして、送っていただくことにしました。
 
田沢湖は水深423m、日本でいちばん深い湖です。
お宿の方に聞いたところによると、水産資源も豊富で漁業が行われ、中でも固有種のクニマスは、藩主への献上品とされていたそうです。第二次世界大戦時に発電所建設のため、玉川温泉の水を湖に流すことになり、強酸性の水質のせいで、すべての魚が死滅してしまったのだと、ものすごく無念そうに話をされていました。 
 
アルパこまくさでバスを待っていると、山へ向かってクロスカントリーに出掛けていく人を見かけました。
駐車場では、同様の用意をしている人たちが数人。そういう趣味、いいなぁ~
  
しばらくすると除雪車登場。
ほぉぉ~ こんなところを通って行けるんだ。赤い色がキュートです。

f:id:fuwari-x:20190405124418j:plain

 
ところで、この日の予定には随分悩みました。
せっかくの秋田、どうしても男鹿半島へ行きたかったのです。
 
調べていくと、男鹿駅からなまはげシャトルを利用して、なまはげ真山伝承館へ行けることがわかりました。ただし、前日16時までになまはげシャトルの予約が必要なのです。
 
滞在可能時間は、列車の都合で2時間45分1時間10分しか選択肢がありません。
見学にかかる時間は1時間ぐらいでなんとかなりそう。
真山伝承館では、なまはげ参上の実演が行われ、なまはげでは、100体以上のなまはげが見られるようです。
でも、たった1時間だけのために行くのか?4月以降であれば、男鹿温泉郷なまはげ太鼓のライブもありますが、シーズンオフの今はそれもありません。
 
次に白神山地へ訪れるときに、きっと再訪しようということになって、ひとまず初秋田、秋田市内をゆっくり回ることに決めたのでした。 
 
田沢湖駅到着。
少しバスは遅れましたが、無事に乗ることができました。

f:id:fuwari-x:20190405124431j:plain

 
秋田駅到着は11時20分です。
 
のんびり座っていたんですけど、途中、大曲の駅で乗り換えでした。
反対側のホームへ回ってまた在来線、新幹線を見送ってからの発車でした。
在来線のホームに新幹線ってヘンな感じ。
でも、在来線を使えるなら無駄がなくていいですよね。 

f:id:fuwari-x:20190405124437j:plain

 
秋田駅へ戻ってから、まずはやっぱり腹ごしらえ。
稲庭うどんを食べると決めていました。
 
まずは、西武百貨店に入っている七代 佐藤養助。すでに待っている人がいる人気店です。 
まだ時間も早いので、ほかの候補の店も回ろうということで、西武百貨店を出てアーケードを通ってすぐの無限堂。ここも人気店で、メニューも手ごろな価格で郷土料理も揃っています。
 
さらにもうひとつ気になっていたのが寛文五年堂。行ってみると隣にある秋田比内地鶏生産責任者の店 本家あべやも良さそう。でも、比内地鶏の親子丼で終わらせるのも嫌なので、食べるとなったらしっかり鍋になってしまう。それなら夜に戻ってくることにしようということになりました。
 
もっといえば、せっかくだから秋田牛も食べたい、同じ建物に入っている秋田牛玄亭にも興味津々。ただここは、お肉以外はビュッフェスタイルだとわかったので外しました。
 
結局、戻るのも面倒だということで寛文五年堂へ。                  

f:id:fuwari-x:20190405124445j:plain

 
お座敷もあってとても感じのよい店ですが、途切れなく人は来るものの満席にはならないのは、ちょっと駅から離れているからでしょうか。

f:id:fuwari-x:20190405124451j:plain

 
さもわたし(天然のナラタケ)

f:id:fuwari-x:20190405124457j:plain

 

串から外してから撮るのを忘れたことに気付いた比内地鶏の串焼

f:id:fuwari-x:20190405124502j:plain

 
天ぷら盛り合わせ

f:id:fuwari-x:20190405124509j:plain

 

生酒1合(刈穂?)

f:id:fuwari-x:20190405124515j:plain

 
日本酒、またしても聞きました。「生酒はありませんか?」
 
今まで、メニューの中から選んでいたのですが、ひとまず聞いてみるのもありかと思ったんですよね。そうしたら、1種類だけ生酒がありました。刈穂、高清水、雪の茅舎のどれかだったと思うのですが、忘れちゃいました。
 
でも、たぶん「刈穂」。ここのお酒は馴染みの店へ、限定品も携えてよくやってきています。大好きなお酒なのですが、今回はあえて手に入りやすいお酒は除いていました。
いずれにせよ、生酒であれば、多少???と思うことがあっても、食事に合わせているうちにどうでもよくなってくるのは、味覚音痴の証拠か。
 
最後に、稲庭うどんを頼みました。
「冷麺と温麺」「生麺と乾麺」などの食べ比べもあったんですが、ちょっと量が多いので「生麺」「乾麺」を単品で。
 
さて、どちらが生麺?乾麺?
f:id:fuwari-x:20190405124536j:plain
f:id:fuwari-x:20190405124542j:plain

 

私、生麺のほうが絶対に美味しいと思ってたんです。

でも、さすが稲庭うどんを広く知らしめただけのことはある乾麺、おそるべし。乾麺の方が美味しいように私は思いました。
 
他の人の感想に興味をそそられたので、店員さんに尋ねてみました。
すると
 
「他では生麺をやっていないので、うちでは生麺のほうが人気です」
 
ほぉぉ~ 生麺はここだけか~(駅周辺に限るのかもしれませんが)
食べておいて良かった~
 
このあと、またまた秋田県出身ブロ友まんちさん推薦の秋田県産品プラザへ。
秋田の日本酒なら、ほぼここで揃うとのこと。
行ってみましたら思っていたよりも、さらに素晴らしい品揃え。
 
もうね、私たち、晩ご飯は断念しました。食べ続けの旅だったので一休みして、日本酒と肴になるものを買って、部屋呑みするほうが、お酒を堪能できるんじゃないかと。 
 
秋田県産品プラザのお酒のご紹介はまた後にゆだねることにして、ひとまず、私たちが選んだのは次の2本。
 
初しぼり無濾過「両関」 

f:id:fuwari-x:20190405124600j:plain

 
もうHPでは売り切れですね。
また12月まで出会えないお酒です。  
 
純米生にごり「秋田富士」

f:id:fuwari-x:20190405124606j:plain

 
この秋田富士は県内限定品。
横倒し厳禁ってことは、またまた活性タイプ?
 
-10って甘いはずだけど、そんなことなかったなぁ。
このシュワ~っとくるタイプ好きです。酵母がまだ活きてますね~って感じで。
 
こちらを調子よく2杯ほどひっかけて観光に出掛けました。