英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【茨城】1日目-2 アンコウを求めて大洗。ひたち海浜公園から「里海邸」へ。

2018年(平成30年)2月10日(土)
 
バスで水戸駅へ戻ってきました。
 
晩ご飯に備えて、ランチは軽めにしなくてはなりません。美味しそうなお店のリサーチもしましたが、少なめにしようということで、せっかくの水戸、納豆定食に決めました。
 
駅近くのてんまさの評判が良かったので、行ってみました。
地下にある居酒屋です。

f:id:fuwari-x:20190829144101j:plain

  
納豆のオムレツ、大葉の納豆はさみ揚げ、納豆汁など、1,500円(税抜)。
生ビールに続いて、大洗の地酒月の井の生酒もいただきました。
いや~ 食事は美味しかったんですけど、お腹がいっぱいになり過ぎたのは失敗。
 
食べ終えたのは12時半過ぎでしたけど、相当なる満腹。
美味しく晩ご飯を食べられるんだろうか・・・
  
腹ごなしに歩かなくては、ということで、もうひとつの目的地、隣駅にある国立ひたち海浜公園へ向かいました。

f:id:fuwari-x:20190829144105j:plain

 
バスで20分ほど揺られていきましたけどね、笑いましたよ。
なーんにもないの。
ネモフィラが有名らしいんですけど、それらしきところはシートで一面養生中で、あとは広大な敷地になーんにもなし。
丘を上がれば絶景が見えるかと思いきや、ここは埋め立て地の傍で、工業地帯。

f:id:fuwari-x:20190829144109j:plain

 
唯一、アイスチューリップがあると書いてあったので、そちらへ向かいました。
カフェから海へ向かって、きれいに見えるように配列されていますが、花があったのは、まさにここだけ。 

f:id:fuwari-x:20190829144113j:plain

 
入場料は410円でしたから文句は言いませんけど、オフシーズン用の料金があってもいいんではないの?
バレンタインデー近くなので、こんなコーナーもありましたけど。 
 
偕楽園といい、ひたち海浜公園といい、ことごとく季節外れ。
大笑いで歩きました。
 
しかも、ここから大洗へ行くには、ぐるーっと回らなくちゃいけないので、珍しくタクシーを予定していたんです。でも、南門には配車されていなくて、西門に戻ろうと歩いたらなんと約2km。1メーター戻ってどうするんよ。
 
かくして到着しました。
今夜の宿 里海邸 は全8室の小さな宿です。 
 
娘の希望どおり、チェックイン15時、チェックアウトは12時という、滞在時間が長く取れる宿です。 
 
扉を開けた空間もふんわりして優しい。
初めて訪れる場所なのに、なぜか懐かしさを感じるようなお宿です。

f:id:fuwari-x:20190829144129j:plain

 
迎えてくださるのは、着物ではなく白いシャツにエプロン姿の方々。田舎宿と自ら紹介されているとおり、高級宿ではなく別荘に帰ってきたような、そんな場所にしてほしいという願いが伝わるようでした。

f:id:fuwari-x:20190829144133j:plain

 
ラウンジには暖炉。なんて居心地の良い空間。
普段とは、ちょっと毛色の違う旅館です。 

f:id:fuwari-x:20190829144140j:plain 

 
好きにお茶を飲んで、好きに音楽を聴いて、好きに本を読んでくださいという場所。
宿の中はすべて素足なのですが、いい無垢の木を使ってあります。

f:id:fuwari-x:20190829144149j:plain

f:id:fuwari-x:20190829144153j:plain

 
ラウンジから外を眺めると、大洗海岸がそこに見えます。
ゆったり座りながら、お茶とお茶菓子をいただいたんですけど、この時間16時。
まだまだお腹がすいていなかったので、辞退すればいいものを。

f:id:fuwari-x:20190829144158j:plain  

f:id:fuwari-x:20190829144202j:plain

 
奥のラウンジもゆったり座れます。
DVDもCDも本も、好きなものがあれば部屋に持ち帰ることもOKです。

f:id:fuwari-x:20190829144207j:plain

f:id:fuwari-x:20190829144212j:plain

 
部屋は3階。全8室のうち、6室が半露天風呂付きですが、大浴場の方が好きなので、あえてお風呂なしの部屋にしました。金額はキャンペーンもあって、さほど変わらなかったんですけど。
3階のロビーにも、ちょっと休める場所が作ってあります。

f:id:fuwari-x:20190829144217j:plain

 
私たちの部屋は「海門」。
たぶん、唯一のバリアフリーのお部屋です。のちほど、ご紹介します。