英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【スペイン】3日目-5 グラナダのハイライト!アルハンブラ宮殿ナスル宮-後編

 2018年(平成30年)12月31日(月)
 
ライオン宮に圧倒されたアルハンブラナスル朝宮殿の見学もあと少し。カルロス5世の部屋 へ移動します。
 
カルロス5世宮殿の工事をしているあいだ、彼の寝室として建てられましたが、1537年に出来上がったあとも使用するには至りませんでした。
格天井の帯状装飾にはカルロス5世を称える言葉が書かれています。  

f:id:fuwari-x:20190625155815j:plain

 
ある1室の入口には ワシントン・アーヴィング の名がありました。
1829年アメリカの作家アーヴィングがグラナダに滞在した際この部屋で生活し、アルハンブラ宮殿を世に知らしめた「アルハンブラ物語」を執筆したそうです。 

f:id:fuwari-x:20190625155819j:plain

 
 渡り廊下からはアルバイシン地区が望めます。

f:id:fuwari-x:20190625155825j:plain

f:id:fuwari-x:20190625155830j:plain

 
渡り廊下を下りると レハの庭

f:id:fuwari-x:20190625155835j:plain

その周りには鉄格子の部屋がありました。牢屋? 単に通行止め?

f:id:fuwari-x:20190625155840j:plain

f:id:fuwari-x:20190625155844j:plain

 
でも、同じ一角にお風呂の休息用ベッドと書かれた部屋があったので、入れないようにしているだけで、脱衣室だったのかもしれません。  

f:id:fuwari-x:20190625155848j:plain

  

二姉妹の間 のバルコニーから見えた リンダラハの庭 を通ります。
幾何学模様に整備された庭は久しぶりに見る自然の姿で、なんだかホッとしました。

f:id:fuwari-x:20190625155853j:plain

 
この庭のまわりにも、アクリル板に動物を描いた部屋があり、浴場だったようです。
先ほどの休憩用ベッドがあった位置とは離れていますが、回廊をうまく使うとすぐ傍だったのかもしれません。 

f:id:fuwari-x:20190625155857j:plain

 ↑ ココに動物が見えます
 
浴場の周りは洞窟のように部屋がいくつも続いていました。
何に使われていたかはわかりませんでしたが、焦げたあとがあったのは、ランプのためだったのか、台所として使っていたこともあったのか。

f:id:fuwari-x:20190625155902j:plain

 
こうして見直していくと、いくつも見そびれているところがあったり、わからない場所があったりするので、中で売っていたガイドブックは有効かも。
でも、ひとつずつ確認して進んでいたら、いくら時間があっても足りないですね。 

f:id:fuwari-x:20190625155909j:plain

 
これで建物内部の見学はすべて終わりました。
パルタルの庭 に出てきます。 

f:id:fuwari-x:20190625155917j:plain

 
パルタルの庭 は、緑いっぱいの庭園です。

f:id:fuwari-x:20190625155922j:plain

 
庭には 貴婦人の塔 が建っています。
アルハンブラの中で最も古い装飾が施されているそうですが、もうそこまで行く気力は残っていませんでした。
 
向こうに見えるのはアルバイシン地区。
水面に建物が映え、涼やかです。

f:id:fuwari-x:20190625155927j:plain

 
正門に帰るには 貴婦人の塔 をまっすぐ行くのですが、裁きの門 から帰る場合には庭園の階段を上ります。
ここも水の使い方がとても素敵です。 

f:id:fuwari-x:20190625155931j:plain

   
水路を通って水が流れており、階段を上っていくとそこにもまた水。 

f:id:fuwari-x:20190625155935j:plain

  
そしてその水面に、サンタ・マリア教会が映るんですよね~
時代を経て統一する宗教が変わっても、水に対するこだわりがとても感じられる場所がアルハンブラ宮殿でした。 

f:id:fuwari-x:20190625155941j:plain

  
 ブドウ酒の門を通り抜けます。

f:id:fuwari-x:20190625155946j:plain

  
ネコちゃんにお別れしたらあとはセビリアへ向かうだけ。

f:id:fuwari-x:20190625155951j:plain

  
駆け足の私たちは1時間足らずでナスル宮をあとにしましたが、アルハンブラ宮殿のすべてを1日で回るとしたら、かなり体力がいるかと思います。そう考えると、時間予約が必要なナスル宮から見学を開始し、あとをざっくり回る方が満足度が高くなるかもしれません。
 
でも、ハイライトを最初に持ってくると他の良さが霞んでしまうので、私はこれで良かったかなぁと思っています。