英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【オーストラリア】アデレード Botanic Garden~Nando'sでランチ

 

翌朝は前日にCentral Marketで購入したハムやスモークサーモンなどで軽く食事をとってからBotanic Gardenを目指して出掛けました。

f:id:fuwari-x:20190920162036j:plain

 

アデレードの目抜き通り、ランドル・モールを歩いていきます。ここには、レトロなアデレード・アーケードもあります。

f:id:fuwari-x:20190920162044j:plain

 

中はおしゃれなお店があるはずですが、残念ながら日曜日はほとんどが定休日。

f:id:fuwari-x:20190920165852j:plain

 

そのまま進んでいくと、旧中央市場だったという一角に出てきます。今はおしゃれなショップが建ち並ぶ場所になっています。

f:id:fuwari-x:20190920165950j:plain

 

このまま抜けていくと、壁画の描かれた壁の外へ出ます。この一角はぐるりとこのレンガ造りの壁で囲まれています。

f:id:fuwari-x:20190920162121j:plain

 

北側の面はもっと重厚なので、こちらが正面入り口でしょうか。

f:id:fuwari-x:20190920165939j:plain

 

中に入ると雰囲気の良いアパートメントもあります。

f:id:fuwari-x:20190920165915j:plain

 

壁に囲まれた中で美しい街並みを形成している独特の居住区だったので、かつてからそこそこの人たちが住んでいた場所なのかなという気がしました。旧中央市場の建物ってどれだったんだろう?

f:id:fuwari-x:20190920165927j:plain

 

壁画のある壁のところから道を渡るとBotanic Gardenです。

f:id:fuwari-x:20190920162133j:plain

 

案内図

f:id:fuwari-x:20190920162144j:plain

 

植物園というよりは公園ですね。こちらでしか見られないものがあって、歩いているだけでも楽しいです。

f:id:fuwari-x:20190920162156j:plain

 

これはマドローネという木ですが、百日紅のように幹がツルツル。ツツジ科の木です。

f:id:fuwari-x:20190920162219j:plain

 

芯材は薄赤色で、木目は非常に細やかで家具用材、内装材などに使われており、特に瘤(こぶ)が有名で装飾材として珍重されているそうです。

f:id:fuwari-x:20190920165728j:plain

 

夏になると乾燥で緑が枯れてしまうと聞いたのが、春の今でも想像できてしまう枯れた川。

f:id:fuwari-x:20190920162231j:plain

 

熱帯雨林のゾーンもあります。

f:id:fuwari-x:20190920162306j:plain

 

中に入ると乾燥した外と違って、むっとするほど湿度が高い。

f:id:fuwari-x:20190920162254j:plain

 

考えてみると、オーストラリアの北部はかなり緯度の低い地域ですもんね。

f:id:fuwari-x:20190920162243j:plain

 

こーんなに根っこを土から出して水分を吸収している木もあります。

f:id:fuwari-x:20190920173119j:plain

 

外へ戻ると、この木もバオバブのようにずんぐりむっくり。

f:id:fuwari-x:20190920165331j:plain

 

こちらの並木道は、歩いている人を見るといかに巨木かがわかりますね。

f:id:fuwari-x:20190920162317j:plain

 

日本で見る木とまったく違うので、なんてことなさそうな公園でいて楽しめます。アデレードの中心部はぐるりと公園で囲まれているので、きっとそれぞれ回れば違いもあり楽しめたことでしょう。木陰でのんびりするような過ごし方も理想的。でも、気温の高い日だったので、短い時間でくるりと見て、トラムで戻ることにしました。

下の路線図の水色で囲まれた駅は無料で乗車できる区間です。

f:id:fuwari-x:20190920165719j:plain

 

アデレードの中心部は約2×2.5kmで、その東西と南北にそれぞれ無料区間があり、とても便利です。

f:id:fuwari-x:20190920165344j:plain

 

車内はスッキリしていて清潔です。私が乗ったときはそんなに乗客は多くありませんでしたが、夜に見かけた南北の線はCentral Marketへも行けるためか満員でした。

f:id:fuwari-x:20190920165355j:plain

 

最後の夕食をきちんと食べたかったので、ランチは軽くしたい。適当にうろうろすると、案外見つからないんですよね。たまたま通りかかって入ったここは、南アフリカヨハネスブルグ発祥のチキン専門店 Nando's。イギリスで大人気なんだそうです。

f:id:fuwari-x:20190920165407j:plain

 

アルコールを置いていなかったのでほかの店を探したかったのですが、これ以上遅くなると夜が食べられなくなる。仕方がないのでホテルに持ち帰って食べることにしました。

f:id:fuwari-x:20190920165418j:plain

 

これで1/4サイズのチキンと書いてあったので、もしかしたらフルだと丸鶏だったとか?右はサラダ。鶏はまったく期待していませんでしたがまわりはカリッと焼けていて、中はジューシーで柔らかくとても美味しかったです。娘はバーガーを買っていましたが、それも絶品だったみたい。

すでに各国に進出していますが、日本はまだ。この国の肉類はすごく優秀だと思うので、どの国でも同様の美味しさが出せるかはわかりませんが、じっくり漬け込んだ鶏肉をじっくり焼き上げてこの美味しさ、いずれやってくるかな〜

ソースもマイルドからチリ、レモンなどありますが、慣れるまではちょっと注文の仕方は迷います。

f:id:fuwari-x:20190920165429j:plain

 

ちょっとワイルドなHPも是非見てください。展開している国はボツワナザンビアなどの近隣アフリカだけでなく中東など、私たちにとっては変わり種もあって面白い。なぜに日本はまだか?というほど各国に広がりを見せている注目店でした!www.nandos.com

 

外はとても暑かったので、ちょっと休憩です。

  

この旅でのレート:キャッシング100AUD≒7,451円 1AUD≒76.1円