英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

小田原【勝寿し】寿司屋探しに泣かされて、最後は競輪場へ。 

今年も押し詰まってきました。

 

ANAのトク旅先になっていた新千歳、庄内、門司、米子、高知、鹿児島の空港への日帰り旅を目論んでいましたが、風邪気味だったので、年末年始の旅行のために自重して、近場へ出掛けました。

 

小田原には一度行きたいと思っているお寿司屋さんがあります。

行くと決めていたら予約したのですが、体調も万全ではないし、時間を決めて行動するほどの距離でもないし・・・と呑気に出発したところ、まさかの満席でした。

やっぱりこのごろは、予約必須なのね。

 

仕方がないので、小田原の駅前にある天史朗寿司へ。ここへは何度か行ったことがあるのですが、顔なじみになったころに寿司屋のどんぶり勘定をやられてしまったことで足が遠のいていました。値段のはっきりしたものを少しつまんだだけなのに、1万円!とかいう、あれね。

店内を覗いてみると、こちらも満席。外で並んで待っていてくださいとの不愛想な一声に、中の汚さもあって萎えていたところで、もう1軒を思い出しました。ちょっと離れているので電話をすると空いているとのこと。

 

小田原駅からは15分ほど歩きます。小田原城の紅葉はまだまだ見ごろ。

f:id:fuwari-x:20191220154007j:plain

 

お店は小田原城址からもう少し海側へ行った箱根駅伝のコース上にあります。

f:id:fuwari-x:20191220154021j:plain

 

こちらが今日のお店、勝寿し。何度かお邪魔しています。

f:id:fuwari-x:20191220154032j:plain

 

どのお店も満席だったのに、こちらは小田原駅からは遠く離れているせいもあってか貸し切り状態で拍子抜け。

地魚のにぎり8巻2,700円を注文しました。ビールは瓶のみで、アサヒ・キリン・サッポロが揃っています。

f:id:fuwari-x:20191220154044j:plain

 

まずはアオリイカ。1kgもある大物だったそうです。身が厚くていまひとつという印象だったのに、これはねっとりと美味しい!

f:id:fuwari-x:20191220154054j:plain

 

ヒラメ。わさびをかなり利かせてあってウレシイ。

f:id:fuwari-x:20191220154106j:plain

 

ヤガラ。深海魚のような風貌の、口も全長もながーい魚です。でも、そう深いところを泳いでいるわけではないと教わりました。この魚はかつて天史朗寿司で教わりました。高級魚の部類になります。

f:id:fuwari-x:20191220154117j:plain

 

カワハギ。臭みのない肝は、新しい証拠でしょう。仕入れは毎日とのこと。今は若い職人さんは休みのきちんと取れる回転ずしに行っちゃうのだと嘆いていました。

f:id:fuwari-x:20191220154128j:plain

 

イサキ。どれも美味しいのですが、ちょっとペースがはやいのが気になります。お酒にいきたいんだけどなぁ・・・確か勧めてもらったお酒は地元の丹沢山だったと思います。火入れだけどそれを感じさせない飲み口でした。

f:id:fuwari-x:20191220154139j:plain

 

金目鯛。やわやわの身のことが多いのですが、これはしっかり食べごたえがありました。

f:id:fuwari-x:20191220154150j:plain

 

贅沢だったのはこのアジ。身の厚いアジを開いて両方とも乗せてくれています。なんていうんだろう、2枚で挟んでいる感じ?でも、多すぎじゃなくてちゃんとバランスが取れていました。

f:id:fuwari-x:20191220154200j:plain

 

最後はしめ鯖。酢加減がまろやかでいい!

f:id:fuwari-x:20191220154211j:plain

 

最後に出てくる卵も握ってくれました。魚のすり身入りの卵です。

f:id:fuwari-x:20191220154224j:plain

 

ハイペースなのと、ガリが少なくて無くなっても足してくれないところが残念。でも、美味しかったので赤貝を頼みました。この身がしっかりした赤貝は贅沢な一品♡

f:id:fuwari-x:20191220154235j:plain

 

もうひとつ、穴子も頼みました。スモーク感がとても好みでした。

f:id:fuwari-x:20191220154248j:plain

 

合計9,680円(2名)は妥当なお値段じゃないかな、と思います。

よく行くお寿司屋さんは赤酢でシャリに味をつけており、ネタにも一工夫させていておいしいのですが、ここは王道のお寿司としてかなりポイントが高かったです。 

tabelog.com

 

帰りは、すぐ近くの柳屋ベーカリーに寄りました。創業は大正10年という老舗です。

f:id:fuwari-x:20191220154259j:plain

 

各種アンパンや、カレーパンなどもありました。

f:id:fuwari-x:20191220154310j:plain

 

私が買ったのはこちら。各210円。つぶし粒あんのことです。撮る前に食べちゃった安納芋のデニッシュも美味しかったです。

f:id:fuwari-x:20191220154321j:plain

 

数件隣の出窓にネコちゃんが見えたのであれ?と思ったら生きてます~ 気持ちよさそう~

f:id:fuwari-x:20191220154332j:plain

 

さて。もうひとつ出向いたのがこちら。なんだかわかりますか?

f:id:fuwari-x:20191220154340j:plain

 

小田原競輪場です(笑

f:id:fuwari-x:20191220154351j:plain

 

残念ながら開催日ではありませんでしたが、よその競輪場の場外券がここで買えるとかで、入場できました。一度急勾配のトラックを見てみたかったんです。

f:id:fuwari-x:20191220154404j:plain

 

でも、写真で勾配ってなかなか難しいんですよね。ここで自転車に跨っていられるなんて信じられないほどの急勾配。

f:id:fuwari-x:20191220154416j:plain

 

運よく、小田原駅行きのシャトルバスに乗れましたが、歯の抜けた年配のおっちゃまばっかり乗ってました。超アウェー(笑

月に3日ぐらいはここでやっているようなので、いつか見に来たいです。すごい迫力だろうなぁ。

f:id:fuwari-x:20191220154440j:plain