英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【GoTo Travel】ホテル雅叙園東京-室内編 充実!贅沢!80㎡!

2020年(令和2年)10月16日(金)
 

ひたすら慎ましいStay homeを送り、外食すらしていなかった私がGoTo Travelで近場に泊まろう第二弾、ホテル雅叙園東京へやってきています。

前回のチェックインまでの様子はこちら。 

fuwari-x.hatenablog.com

  

チェックインのために8階フロント階まで上がってきました。やっぱりエレベーターには螺鈿細工が施されています。

f:id:fuwari-x:20201019152356j:plain

 

すでに2組が案内されていて、私たちは込み合っているということで先に部屋に通していただいてのチェックインとなりました。

f:id:fuwari-x:20201019152308p:plain

 

部屋は7階。エレベーターホールの前は簡単なラウンジスペース。

f:id:fuwari-x:20201019152408j:plain

 

ケイトウって案外生け花にすると映えるんですね~ でもなんか中華っぽい。

f:id:fuwari-x:20201019152425j:plain

 

落ち着いた廊下を通り、706号室が本日のお部屋です。

こちらのホテルでは全室が70㎡以上のゆとりの造り。楽しみです。

f:id:fuwari-x:20201019152437j:plain

 

まずは部屋に入ってチェックインが先です。80㎡のエグゼクティブスイート。

おお~ 思っていたよりも広い~ と内心で呟く。

f:id:fuwari-x:20201019153234j:plain

 

テレビのサイズはいったい?家にはテレビがないので、こういったところに来ると時代の移り変わりを感じたりします。

f:id:fuwari-x:20201019153248j:plain

 

ラウンジの説明と、指定のレストランでは20%OFFになるということを聞きました。うむ。ラウンジアクセス付きだけど、ディナーをいただくのもいいかも。

翌朝の朝食は、和食洋食をあらかじめ決めたうえで時間を予約します。そして、宿泊者限定のアクティビティから、翌朝の雅叙園アートツアーも予約しました。このホテルがミュージアムホテルを謳っていることぐらいはリサーチ済みです。残念なことに東京都指定有形文化財となっている百段階段は開催時期ではなかったのですが、代わりに館内のアートを見学させていただきましょう。コロナ禍でなければ、ほかにもいろんなアクティビティが用意されているようでした。

f:id:fuwari-x:20201019152821j:plain
f:id:fuwari-x:20201019152833j:plain

 

チェックイン完了後、改めて室内の見学を始めました。

カーテンを開けてから部屋に入ったところを見るとこんな感じ。

f:id:fuwari-x:20201019152948j:plain

 

室内に入ると左手にまずお手洗いがあります。広くてゆったり。

f:id:fuwari-x:20201019153644j:plain

 

続いてはクローゼット。自動で明かりが点くタイプです。

f:id:fuwari-x:20201019153655j:plain

 

スリッパは使い捨ての中ではかなりフカフカのタイプで、1週間連泊ぐらいなら持ちそうな感じ。

f:id:fuwari-x:20201019153707j:plain

 

右手にはミニバーのコーナー。カウンターにはコーヒーマシンと無料のミネラルウォーター2本が置いてあります。

f:id:fuwari-x:20201019153742j:plain

 

奥の扉を開けると鏡張りでキラキラ。自撮りしているかのようになるので斜めから撮りましたが、切子のグラスがひときわ光っていました。

あとはコーヒーマシン用のコーヒーカプセルやワインなどが揃っています。引き出しにはお菓子やおつまみ類も引き出しに入っていて、充実のミニバーコーナー。

f:id:fuwari-x:20201019153755j:plain

 

その左隣に見える扉を開けると、こちらにもクローゼット。

f:id:fuwari-x:20201019153803j:plain

 

引き出しの中にはパジャマが入っていました。ワッフル地のワンピース型。

f:id:fuwari-x:20201019153814j:plain

 

窓辺のソファーもゆったりしていて、これだけでもう充分寛げそう。

f:id:fuwari-x:20201019153717j:plain

 

大満足の広々としたリビングに続き、ベッドルームへの入口が右手に見えています。

f:id:fuwari-x:20201019153826j:plain

 

おお~!バスルームもリビングと同じぐらいの広さがあってゆったりしています。

f:id:fuwari-x:20201019153837j:plain

 

リビングのテレビより若干サイズは小さいのですが、こちらにもテレビが備えられています。これまで泊まったどのホテルよりも広さといい、設備といい、充実しています。贅沢の極み。

f:id:fuwari-x:20201019153900j:plain

 

カーテンを開けるとビルが見えますが、緑があいだに入るので落ち着いています。

f:id:fuwari-x:20201019154052j:plain

 

ベッドルームにもクローゼットがあり、金庫はこちらに。

f:id:fuwari-x:20201019154101j:plain

 

バスルームへの入口です。

f:id:fuwari-x:20201019153850j:plain

 

な・なんなんだ?この充実したバスルームは?

f:id:fuwari-x:20201019153910j:plain

 

トレイはこちらにもありました。

f:id:fuwari-x:20201019153942j:plain

 

臙脂色のバスタブが、なんとなく艶めかしい。しかもジェットバス。

f:id:fuwari-x:20201019153951j:plain

 

正面に見えるのはスチームサウナらしいんですけど、スイッチがわかりませんでした。いずれにせよ、その時間もなく。

f:id:fuwari-x:20201019155741j:plain

 

奥がシャワーブース。サウナとは別の扉になっています。

f:id:fuwari-x:20201019153932j:plain

 

シャワーは2ヶ所から出ますが、ハンドシャワーしか使いませんでした。

f:id:fuwari-x:20201019154001j:plain

 

大理石づくしのバスルームは、これでもか!という感じ。

前回のホテル椿山荘東京の45㎡も決して狭くはない、むしろ広い部類と思うのですが、この80㎡のもとには霞んでしまいます。

f:id:fuwari-x:20201019153922j:plain

 

バスタオルは2組ずつ。ハンドタオル、ガウンもあります。

f:id:fuwari-x:20201019154010j:plain

 

アメニティーは、自然派コスメOMNISENS(オミニサンス)のもの。これ、どこかでも使ったなぁ。ハンドクリームまであるのが嬉しい。

シェービングフォームとマウスウォッシュもあります。

f:id:fuwari-x:20201019154021j:plain

 

シャンプー、コンディショナー、バスウォッシュは、シャワーブースにも備えられていたので3本ずつ。あとボディーローションが2本ありました。

私の髪とここのシャンプーとはとても相性がいいので、使用したものを1本だけいただいて帰りました。この使い残しのものってホテルではどうするんだろうと気になって。

f:id:fuwari-x:20201019154030j:plain

 

ドライヤーはPanasonicのナノイーですが、ホテル椿山荘東京のものと違ってそれ以上の機能のないもの。

f:id:fuwari-x:20201019154042j:plain

 

さて。せっかくのラウンジアクセス付きのプラン。

アフタヌーンティータイムに間に合ったので早速行ったのですが、先に館内散歩をアップします。 

fuwari-x.hatenablog.com