英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【ANA SFC修行 広島】相棒の修行につきあって日帰りで尾道へ

2018年(平成30)年12月8日(土)
 
タスマニアから帰って一息ついてから、尾道へ行ってきました。
 
すっかりANAラウンジが気に入った相棒。年末からのスペイン旅行でプラチナステータスに到達することは分かっているのですが、先に空港へ行くことになるのでラウンジが使いたいと言い、急遽、相棒もSFC修行を完了させることになりました。
行先は、いつか行きたいと思っていた尾道です。 
 
行きは、意思の疎通の悪さからプレミアムクラスを取ってしまいました。
たった1時間20分のフライトなのに、なんとまぁ贅沢な。

f:id:fuwari-x:20190829152926j:plain

  
相棒とは席が離れており、私の隣は心臓外科医の若き医師が、どうやら学会を前に思考を巡らせ中。
それをよそに、私は朝っぱらから、スパークリングワインと赤ワイン。
 
 
広島空港から尾道まではバスで1時間ほど。
私たちを除いて全員JR尾道駅で下車したので、行き先を尋ねられました。
 
降りたのは千光寺ロープウェー乗り場に資金のバス停「長江口」にて。
ここへ来ると結構人がいて、3分で山頂へ上れるロープウェーは満員。
 
途中、千光寺が見えましたが、ロープウェーからの方が全景が見えます。
後ろにそびえる岩が石鎚山
後で通ると、鎖修行として上れるようになっていました。 
 
ロープウェーを下りて振り返ると、しまなみ海道が見えます。
 
展望台から大屋根が見えるのは、安藤忠雄設計の尾道市立美術館
瀬戸内海からは向島因島、多数の島があり、美しい風景でした。
元来、瀬戸内は穏やかな土地なんですよね。
 
尾道は「放浪記」を書いた林芙美子が有名ですが、下山していく道は、文学のこみちとしてゆかりのある人たちの歌碑が建てられています。 
笑ったのは、千光寺山案内の注意書きに「石碑分の拓本ずりをしない」というのがありました。そんな人がいたってことですよね~
 
下って行くと室町時代に建てられた天寧寺三重塔に行き着くのですが、しまなみ海道とのショット、お寺に人が座っているのが見えるでしょうか。
 
尾道はネコでも有名なところですが、ネコ遣いのおじさんがいました。
鈴を鳴らせば寄ってくるようにしつけられているようで、あちこちからネコが寄ってきていました。
 
尾道は坂の町。
映画で人気も出ましたが、それでも住み続けるのはなかなか大変かも。
 
千光寺そばにあった中村憲吉旧居は公開されていましたが、見学に耐えうるのだろうかというほどの古さ。
  
いくつかお店も出ていましたが、どれも古くて危なそう。
狭い階段の連なる尾道では、改築も難しいですもんね。

f:id:fuwari-x:20190829153015j:plain

f:id:fuwari-x:20190829153020j:plain

  
ふもとのロープウェー乗り場まで戻ってくると、ロープウェーからも気になっていた立派なクスノキを見に民神社へ寄りました。全景を写しきれないほどの立派なクスノキです。一時、状態が悪いときもあったようで、保存に力を入れているようでした。

f:id:fuwari-x:20190829153025j:plain

  
尾道商店街を歩きます。
有名なのはここ、大和湯。
銭湯だったところを改装して、カフェにしています。

f:id:fuwari-x:20190829153030j:plain

  
ここで、尾道ラーメンを買いました。
もうすぐランチタイムが始まるようです。
風呂屋さんだった雰囲気、わかりますね。

f:id:fuwari-x:20190829153036j:plain

 
でも、私たちが行ったのは「保広」というお寿司屋さん。
地元の人で賑わっていました。
地魚のにぎりを食べるつもりだったのですが、一品料理を勧められ、ついそちらを。

f:id:fuwari-x:20190829153041j:plain

 
しめさばは軽く炙ってあって好み。

f:id:fuwari-x:20190829153049j:plain

 

酢牡蠣はやっぱり広島ですからね。

f:id:fuwari-x:20190829153057j:plain

イカの煮つけも美味しい。

f:id:fuwari-x:20190829153102j:plain

 

牡蠣フライもいただきました。

f:id:fuwari-x:20190829153108j:plain

 
でも、居合わせた地元の人曰く、広島の人は牡蠣を食べないんだそうです。
子どものころから食べる機会が多いせいもあるんでしょうか。
 
このあと、本当は少し握ってもらうつもりだったんですが、親子2代とその家族で経営するそのお店、80歳前後とおぼしき店主が、どうやらまだ代替わりをしていないようで、握るのはその人のみらしい。 
その前ににぎりを4人前用意してましたが、すんごい時間がかかるんですよね。
なんとなく、この人のにぎりはいいかな、と思って店を出ました。
 
ビールのあと、広島のお酒「雨後の月」の生酒があったので、2合飲んで7,700円
 
 
お昼を食べると、尾道の坂をまた上る気にもなれず、その先の三原へ行くことにしました。
電車で15分。尾道と同じく寺の多い町で、ご朱印帳集めでもしているなら大忙しでしょうが、唐突に来て、見所を探れるほどの場所ではありませんでした。 
 
駅前は三原城

f:id:fuwari-x:20190829153113j:plain

 
風の強い日でもあり、さっさと広島空港へ戻って飲もう!という話になり・・・
お土産をいくつか買って、広島ならやっぱり広島焼きは食べようと、空港の「てっ平」でひとつだけシェアしました。

f:id:fuwari-x:20190829153119j:plain

 
お酒は、1合420円という安さ。
原酒でしたが、生ではなかったな~ 
 
広島焼きはもやしにキャベツであっさりしていて、好みではありませんでしたが、このあっさり感、今回はすごく美味しいなぁと思いました。
 
ANAラウンジで、ビールと焼酎を飲んですごし、無事修行終了です。

f:id:fuwari-x:20190829153131j:plain

f:id:fuwari-x:20190829153136j:plain

 
出掛けてばかりなので、お土産はわずか。
空港で買った汁なし坦々麺は、肉みそを作りレタスの上にのせていただきましたが、これはなかなか美味しかったです。

f:id:fuwari-x:20190829153141j:plain

f:id:fuwari-x:20190829153149j:plain

 
日帰りの旅こそ、下調べは入念にしないといけないなぁと反省。でも、結構日帰りというのが気に入っているので、来年もまたどこかへ足を延ばすと思います。