英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

'17-18イタリア&ドイツ

【イタリア&ミュンヘン】機内映画&お土産編

【機内映画編】 行きの分は、すでに記憶から抜け落ちているものもありますが、機内映画の備忘録。 ● BATTLE OF SEXES 私でも名前を知っているテニスのキング夫人ことビリー・ジーン・キングが、元男子王者のボビー・リッグスに挑んだ実話が元の作品。 当時、…

【ドイツ】7日目 ミュンヘンからフランクフルト経由で帰国

9時のフライトでミュンヘンからフランクフルトへ向かいます。 7時15分発のバスに乗れば8時着。朝ご飯は6時半からなので、これがギリギリ。 部屋に戻らずにチェックアウトできるように用意して、朝食会場に向かいます。 この日は、卵料理をお願いできませ…

【ドイツ】6日目-3 ミュンヘン 午後の散策

ミュンヘン観光からホテルへ戻って休憩しています。 スーパーで買ったワイン4.49EUR(610円)とビール1.19EUR(160円)。 安っ。 それより、このワインもスクリューキャップだったので、ワインオープナーは買わなくて良かった・・・ ブッラータを楽しみながら休…

【ドイツ】6日目-2 ミュンヘン 朝の散策

相棒は2度目のミュンヘン。4年前の夏、私とスイスで別れたあとに来ています。 朝から酔っぱらいが多く、治安も悪く、印象が最悪と言っていました。だから、ミュンヘンへの滞在は特に希望していなかったのですが、飛行機の予約が遅くてミュンヘン経由になっ…

【ドイツ】6日目-1 ミュンヘン marc münchen-Adults Onlyの朝食

泊まったホテルが大満足だと書きましたが、朝食がすごく充実していました。 6時半から開いているというのも助かりましたし、混む時間帯が入口に掲示されているのも親切でした。 私たちは6時半に行っちゃいましたけど、一番乗り。だーれもいません。 真っ先…

【ドイツ】5日目-4 ミュンヘンといえば、やっぱりホフブロイハウスでビール!

マリエン広場までは徒歩15分ほど。 トラムやら地下鉄など、いろいろあることはわかっていましたが、運賃や乗り方など、まったく調べてきていませんでした。今、思えば1日乗車券€6.6(910円)を駆使できるようにしておけばよかったです。なぜかといえば、お天…

【ドイツ】5日目-3 ミュンヘン空港からホテル marc münchen-Adults Only へ

13:55の定刻より、少し早くミュンヘンに到着しました。 娘は1時間半後に乗り継いで帰国します。 空港から市内へは、電車とルフトハンザ空港のエアポートバスがありました。 所要時間はいずれも40分ほど。 電車は片道13EUR(1,790円)ですが、5人までのグル…

【イタリア】5日目-2 駆け足でバーリを散策し、空港へ

バーリで降り立ったのは、運が良ければイタリア最後の食事ができるかもしれないと ちょっと望みをかけていたからでした。 とにもかくにも、旧市街へ向かいましょう。 歩道には、変わったお店があるんですよね~ 露店で調理器具を売っているんです。同じ形態…

【イタリア】5日目-1 マテーラからアップロ・ルカーネ鉄道に乗る

マテーラからバーリへは、アップロ・ルカーネ鉄道を利用します。 バーリを拠点に、 アドリア海沿岸部を走る国鉄 アルベロベッロを通るスッド・エスト鉄道、 マテーラを結ぶアップロ・ルカーネ鉄道 などに分かれていますが、これらがもう少し途中で絡み合って…

【イタリア】4日目-3 世界遺産の洞窟住居マテーラの第二夜

軽く食事をしてから、きのう夜景を見ていない娘を案内します。 夜の道を歩くと、早朝の街灯の様子がわかるので、明日の参考にもなります。 夜のマテーラの方が明かりも点いて、人の気配が感じやすいかも。 高台のチヴィタ地区まで上がってしまえば、廃墟の気…

【イタリア】4日目-2 世界遺産の洞窟住居マテーラ散策

朝食後は、曇り空なものの霧は晴れてきていました。 洞窟教会のあるサッソ・ガヴェオーゾ地区を目指します。 まずはホテルの裏側へ上がってみました。 ドゥオモ広場からちょうど見下ろしたところにホテルがあります。真ん中より下に屋根のついたバルコニーが…

【イタリア】4日目-1 世界遺産の洞窟住居マテーラで元日の朝

今回の旅行は、ここまでずっと天候に恵まれていました。 気温も高めでダウンコートは不要なぐらい。 前日の月明りで油断しており、晴れが続くはずだと過信していました。 しかし、朝、外へ出ると濃霧。散歩に出掛けましたが、なーんにも見えません。 2018年…

【イタリア】3日目-6 世界遺産の洞窟住居マテーラでNew Year Eve!

買い出しを終えて戻ったあと、教えてもらったバルコニーへ上がってみました。 2階には2部屋あるようで、バルコニーはさらに上。 おお~ 谷間にあるサッシからの眺めも悪くないなぁ~ 正面にドゥオモが見えます。あとであちらへも行って、上からの眺めも楽…

【イタリア】3日目-5 世界遺産の洞窟住居マテーラのサッシに泊まる

ホテルへ到着しました。 マテーラでは洞窟ホテルを探しましたが、対岸から見たとおり起伏のある場所です。スーツケースを持って、いくつもの階段を上らなくてはならないのは、どこも共通。 夏前タクシーの予約時に、その心配がないホテルを紹介していただい…

【イタリア】3日目-4 マテーラの洞窟住居を臨むムルジャ公園展望台

アルベロベッロからマテーラへは、珍しくタクシーを使っています。 前に書いたとおり、この移動は列車移動するとバーリを経由して約5時間かかります。 イタリア旅行を個人手配で考えたことのある方なら、必ず一度はアーモイタリアのサイトに行きついている…

【イタリア】3日目-3 世界遺産の町アルベロベッロ Trullo D’Oroでランチ

相棒たちはまったりするのが好きなので、ポポロ広場の木陰で時間つぶし。 私は、うろうろと腹ごなしをして再び戻って来ましたTrullo D'Oro 。 その名のとおりトゥルッリを改装したレストランです。 写真右側の出っ張ったところへ通されました。 先客は2組。…

【イタリア】3日目-2 世界遺産の町アルベロベッロの散策で、またしてもお土産物の営業を断れない

アルベロベッロは大きくふたつの地区に分かれます。 私たちが宿泊した場所は、お土産物屋さんやレストランが多いモンティ地区。 反対側には、主に住居となっているアイア・ピッコラ地区があります。 そちらへ向かうために階段を下りていきます。 レストラン…

【イタリア】3日目-1 世界遺産の町アルベロベッロ 朝の散歩

アルベロベッロの朝です。 泊まった醍醐味は、ひとつは夜景、もうひとつは人のいない早朝ですよね。 夜は人混みでちっともその醍醐味を感じられませんでした。 いつまでも人がいっぱいなんですもんね。 日の出は7時15分のはず。 おお~ でも外に出てみると…

【イタリア】2日目-3 世界遺産の町アルベロベッロでトゥルッリの宿Trulli e Pugliaに泊まる

ロコロトンドからアルベロベッロへは1駅ですが、9分かかります。 駅舎はロコロトンドと同じ。この沿線は、みんなこれ? 駅前はさらに殺風景でした。 ここが人気観光地? まだ16時を回ったところですが、陽気さはまったく感じられず人気なしで、狭い歩道に…

【イタリア】2日目-2 アルベロベッロの隣駅は白い町ロコロトンド、Trattoria Centro Storicoのランチも絶品

13時過ぎ、アルベロベッロの隣町ロコロトンド駅に到着しました。 無人の小さな駅です。 駅前も殺風景。荷物を預けるところもないと旅行記で見ましたが納得。人すらほとんど見かけません。ここで降りたのは、私たちともう1組だけ。 どこへ出掛けても観光客が…

【イタリア】2日目-1 バーリ空港~スッド・エスト鉄道でアルベロベッロの隣駅ロコロトンドへ

ライアンエアー搭乗機を先に書きましたが、チェックインしたあとに話を戻します。 身構えていたものの、さっさとチェックインできてしまったライアンエアー。2時間も前に行っているので時間があったので、朝ご飯でも食べようということになりました。 ホテ…

【LCC】ローマ発 悪評高きLCC RYANAIR(ライアンエアー)搭乗記

ヨーロッパのLCCの中でも悪評の高いRYANAIRをご存知でしょうか。 1985年設立のアイルランドの航空会社です。 相棒はLCC嫌いなので、国内線で乗ることはありません。 はじめて直接手配した現地便はポルトガル航空でした。 はじめてのLCCはヴァージン・オース…

【イタリア】1日目1-3 ローマ・スペイン広場~バチカン市国

ローマでの最初のランチは大満足。腹ごしらえもばっちりできたので、スペイン広場へ向かいました。 前回は工事中だった階段も出来上がっていました。 いまひとつだったランチのカルボナーラも、同じときに紹介しています。 fuwari-x.hatenablog.com スペイン…

【イタリア】1日目-2 ローマ・コロッセオ~トレビの泉&IL CHANTIのカルボナーラは絶品!

空港ホテル、ヒルトンよりシャトルバスは、市内へ向かって走ります。 2年前、3日かけてうろつき回ったローマのことは、よーく覚えていました。 見覚えのある真実の口のある教会を過ぎ、しばらくいくと降ろされました。 当初ヴェネツィア広場を思っていまし…

【イタリア】1日目-1 ローマ・ファウミチーノ空港~Hilton Rome Airport

今回は、アルベロベッロとマテーラに憧れ、イタリアの僻地とも言える場所へ行ってまいりました。 情報も少なく、緊張して出掛けましたが、思いの外すんなり回れました。 難易度が高い僻地旅行、なかなか決断できなかったために、乗り継ぎ1本でバーリへ到着…