英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

新潟県佐渡市 北雪酒造【北雪】

2021年(令和3年)5月29日(土)購入 
 
日本酒の備忘録が、追いついていません。
 
 
この日は、相棒も私も日本酒を片手に帰宅しました。あらま。
相棒は3年ぶり3度目の佐渡のお酒の北雪で、2018年7月以来の登場です。 
このお酒はよく覚えています。
前回のは新潟県酒米、越淡麗で仕込んだお酒でした。
今回は五百万石。
 
【北雪】純米吟醸佐渡國々酒生酒

f:id:fuwari-x:20210611144106j:plain

 
 原料米 新潟県産五百万石
 精米歩合 麹米50% 掛米55%
 アルコール度数 16度
 日本酒度+4.5 酸度1.6
 使用酵母 K901
 3,080円(税込) 
 
限定酒なんでしょうか。HPでも見つけることができませんでしたが、扱っている酒屋さんの紹介文には以下のように書かれていました。
 
地元佐渡島産の五百万石を50%から55%磨き吟醸酒らしいシャープな味わいに仕上げながらも、お米の旨味をきっちりと引き出した辛口の純米吟醸酒を火入れをせず生酒で瓶詰出荷します。程よい酸味と味わい全体を損ねないバランスの取れた吟醸香。生酒ならではのパリッとたフレッシュな風味です。
 
ちょっと甘めです。
 

【伊豆下田】熱海「うな重」でうな重を(笑

2021年(令和3年)6月

 

伊豆下田でも評判の高い下田セントラルホテルへ滞在しています。

前回は朝食をご紹介しました。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

伊豆急下田から熱海までは、1時間40分かかります。

ホテルの送迎バスの出発は9:10が始発。これに乗っても熱海着は11:20です。

そんなわけで、早々に出発することにしました。

 

バスの出発まで、ホテルのまわりを少し散歩します。

広い敷地をこれから造園していくのでしょう。植樹し始めているようでした。

f:id:fuwari-x:20210708122249j:plain

 

1階のお部屋から見られるお庭がかなり手入れされていたので、宿泊料が高い部屋は1階に並んでいるはず。

f:id:fuwari-x:20210708122301j:plain

 

外へ出るとプールやテニスコートがあることがわかりました。

f:id:fuwari-x:20210708122314j:plain

 

本館から廊下を渡っていけるようになっています。黄色く見える場所がプール。ちょうど夏休みから開放するためなのか、業者の人が打ち合わせに来ているところでした。

f:id:fuwari-x:20210708122704j:plain

 

川釣りもできるようです。すぐ下へ降りるとそこが釣り場区域という絶好の地。

f:id:fuwari-x:20210708122354j:plain

 

釣り場区域と指定できるほど、ここで釣れるんだ。ふむ。

f:id:fuwari-x:20210708122328j:plain

 

雨。しかも里山のこのあたりで、見られるところはそうありません。

早々にホテルを後にしましたが、こんな早い時間に帰るのは私たちだけ。

たった1組で伊豆急下田駅まで送っていただきました。20分ほどかかります。

f:id:fuwari-x:20210708122417j:plain

 

伊豆急下田駅発は9:40。行きと同じく、もっともスタンダードな車両です。

ただ、各車両の入口には伊豆の観光名所の写真が貼られているんですね。

f:id:fuwari-x:20210708122429j:plain

 

各車両に1,2組かというぐらいの少人数で出発。各地で、踊り子号のほか、こんな車両にもすれ違いました。私も違う車両を狙いたかったな。

f:id:fuwari-x:20210708122441j:plain

 

熱海で降りようか、小田原まで戻ろうか迷いましたが、小田原を通過する機会はなにかとあるので、熱海で降りることにしました。

f:id:fuwari-x:20210708122553j:plain

 

こちらの商店街は人が少なめに見えますが、かなりの多くの観光客が来ていました。

緊急事態宣言中なので、近郊の観光地へ出掛けているということでしょう。

f:id:fuwari-x:20210708122453j:plain

 

ランチの候補はいろいろピックアップしていたのに、この看板を見て立ち止まった相棒は大の鰻好き。店名が「うな重」っていったい・・・

f:id:fuwari-x:20210708122506j:plain

 

一見、老舗っぽくて悪くなさそうだけど、食べログを検索するともう1軒美味しそうなところがある。見に行ったけれど、店に入ってから2階に上がるようで雰囲気がわからなかったので、戻ってこちらへ入りました。

f:id:fuwari-x:20210708122518j:plain

 

入った途端、わかるハズレ(涙

いや、これだとまだきれいに見えるでしょうか。

f:id:fuwari-x:20210708122530j:plain

 

肝吸い付きの「3,300円

鰻自体は決して悪くなかったんですけどね、タレがゼロだったんですよ。

タレなしにかば焼きをご飯に載せただけをうな重と言うのか。香の物も古くて酸っぱい。店名まで「うな重」というぐらい鰻を謳っているなら、そこんとこケチらんといて。

f:id:fuwari-x:20210708122541j:plain

 

緊急事態宣言区域外の静岡では、ビールを飲むこともできます。でも、なぜかその1本が余った理由は、タレのないご飯を食べるのに苦心したせいだろう・・・

 

時刻は13時過ぎ。

出掛けられるだけで、日頃のストレスからは充分解放されるというもの。緊急事態宣言中なので、早めに退散です。

f:id:fuwari-x:20210708122604j:plain

 

さて。お土産編。

しらすせんべいと、伊豆乃踊子はホテルのお茶請け。ミカンの咲く丘は熱海駅隣接のラスカ熱海で買ったもの(194円税込)。でも特筆すべきものではありませんでした。残念。

f:id:fuwari-x:20210708122616j:plain

 

下田東急で買ったわさび粗おろし(198円税抜)酒盗かつをマイルド(398円税抜)。この酒盗は絶品。またぜひ買いたい。

伊豆急下田駅で買った削り節(525円)とラスカ熱海で買った蕎麦

f:id:fuwari-x:20210708122627j:plain

 

私たちが動くとその直後に災害や事件が発生することが多く、今回もそう日を置かず伊豆山で土石流が発生して多くの犠牲者を出したことには、本当に衝撃を受けました。位置は熱海湯河原間。当時、湯河原へもいくつか夏の予約していたこともあって、山側を見ながら電車に乗っていたのに。(ほかに予定が入ってキャンセルしましたが)

東日本大震災の1週間前には福島へ温泉旅行に行っていたし、木曾の御岳山が噴火したときもやはり1週間前に上高地にいました。海外でも、パリから帰ってすぐにタリス銃乱射事件があったり、テレビの紀行番組などの特集が行った直後の場所ということも多いです。

そうでなくともコロナ禍、どうぞ穏やかに過ごしていけますように。【完】

 

 

【伊豆下田】里山の別邸「下田セントラルホテル」朝食編

2021年(令和3年)6月

 

伊豆下田でも評判の高い下田セントラルホテルへ滞在しています。

夕食は評判どおりの食事をいただきました。 

fuwari-x.hatenablog.com

  

朝食は、コロナ禍だからセットメニューになるかと思っていましたが、バイキングが再開されていました。朝食がバイキングのところは避けたいのだけど、食事の評判が高いところだといけるかな、と。

 

座席は窓際を案内していただきました。すぐそばが飲み物コーナー。

f:id:fuwari-x:20210706135733j:plain

 

利き手の三手袋が必須。マスクケースも置かれています。カトラリーもひとり分ずつ既にセットしてあります。

f:id:fuwari-x:20210706135721j:plain

 

全部は撮れませんでしたが、入口には最初にサラダが置いてありました。

f:id:fuwari-x:20210706135824j:plain

 

ポテトサラダ

f:id:fuwari-x:20210706135811j:plain

 

お蕎麦のコーナーもあります。

f:id:fuwari-x:20210706135836j:plain

 

たまご料理のコーナーでは卵焼きと温泉玉子のほかに、オムレツを注文することもできました。

f:id:fuwari-x:20210706135848j:plain

 

アジの開きやがんもどきの煮物、筑前煮。

f:id:fuwari-x:20210706135900j:plain

 

こちらはマグロの山かけと鰺のなめろうだったかな?右端の手作り豆腐はかなり美味しかったです。

f:id:fuwari-x:20210706135758j:plain

 

ご飯は白米以外に五穀米もありました。カレーなども。

パンもありましたが、ほかにもメニューが豊富だったので、食べられる量を厳選しなければなりません。それがバイキングの嫌なところ。

f:id:fuwari-x:20210706165701j:plain

 

デザートのコーナーにはカットケーキやプリンのほか、カットフルーツもありました。

別の場所にはヨーグルトも。

f:id:fuwari-x:20210706135911j:plain

 

私がチョイスしたのを見るとこれだけの量がありますが、ごくごく一部しか食べられませんでした。このあとプリンを食べるので精一杯。

食い意地がつい出てしまうのに、食べきれない。しかも、給食感があるのも楽しくない。バイキングはやっぱり苦手です。

f:id:fuwari-x:20210706135745j:plain

 

食事が終わったら、札を裏向けてくださいと渡されました。できるだけ接触を避けるための工夫だと思います。

f:id:fuwari-x:20210706135924j:plain
f:id:fuwari-x:20210706135939j:plain

 

食事を終えて、ロビーへ下りました。ひとり寛いでいる方がいらっしゃったので見てみると、コーヒーマシンを見つけました。バーの横です。

f:id:fuwari-x:20210706140046j:plain

 

ほら、ここ。ご自由にどうぞと書いてあるので、早速いただくことにしました。

f:id:fuwari-x:20210706140015j:plain

 

ブレンドコーヒー以外にも、カフェラテやカプチーノもできます。私はカプチーノを入れました。

f:id:fuwari-x:20210706140004j:plain

 

たぶん、朝食会場に置いてあるものよりも良かったと思います。見つけられてラッキーでした。

f:id:fuwari-x:20210706140031j:plain

 

外はそぼ降る雨。下田の観光は諦めて、熱海か小田原でランチを取って帰ることにしました。 

 

【伊豆下田】里山の別邸「下田セントラルホテル」夕食編

2021年(令和3年)6月

 

伊豆下田でも評判の高い下田セントラルホテルへ滞在しています。

前回は温泉をご紹介しました。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

19時に「」へ向かいました。

f:id:fuwari-x:20210702165500j:plain

 

こちらはカジュアルなレストランで、ファミリーレストランっぽい仕様。コロナ対策としては、周りのテーブルに人がいない程度に座席が空けられています。

f:id:fuwari-x:20210702165644j:plain

 

期待の食事。メニューには「里山かえる鳴く候膳」と書かれています。ちょっと愉快なネーミングですね。

f:id:fuwari-x:20210702165511j:plain

 

テーブルには、前菜と最後の台物の豚陶板がセッティングしてありました。

前菜は手前左から時計回りに空豆山葵、貝ひも和え、梅鶏、筍焼熨斗。

f:id:fuwari-x:20210702165724j:plain

 

続いてお造り、焼物、凌ぎが同時に運ばれてきました。

f:id:fuwari-x:20210702165544j:plain

 

本日の鮮魚は、鉢鮪、帆立、甘えび、白身魚はカンパチだったかな。(ただ、カンパチの括りは白身ではなく赤身らしいが)

f:id:fuwari-x:20210706124859j:plain

 

焼物の伊勢海老鬼殻焼きは、焼かないで食べたいといつも思う一品だけど、海老の甘味はよく出ていたと思う。

f:id:fuwari-x:20210702165556j:plain

 

凌ぎの小鯛押し寿司はいける!お寿司がちょっと入っているのっていいですよね。まさに凌ぎ。

f:id:fuwari-x:20210702165736j:plain

 

ロビー傍のバーが満席で試飲できなかった日本酒、下田黎明はこちらでいただけました。おちょこにたっぷり入っていたので、これで終わらそうかとケチ臭いことを考えていましたが、手頃な飲み比べセットが揃っていました。

私は地元静岡の日本酒で、藤枝市杉錦初亀と、富士宮市下田富士

f:id:fuwari-x:20210702165858j:plain

 

相棒は、静岡の正雪、先に試飲した富士宮市黎明藤枝市身上起

どちらもプロフィールが添えられているところがいい。

f:id:fuwari-x:20210702165845j:plain

 

他にはこちらの2セットがありました。

f:id:fuwari-x:20210702165821j:plain
f:id:fuwari-x:20210702165833j:plain

 

名物の金目鯛煮付け、冷やし鉢は山葵もずく、蒸物は鮑とムール貝爽春蒸し

f:id:fuwari-x:20210702165909j:plain

 

金目鯛の量はちょうどよく、前回の下田「濤亭」でやっつけ仕事のように食べたのに比べて美味しくいただきました。味は薄めで上品。牛蒡も美味しかったです。

f:id:fuwari-x:20210702165945j:plain

fuwari-x.hatenablog.com

 

山葵もずくは、長芋入りでさっぱり。

f:id:fuwari-x:20210702165932j:plain

 

鮑は柔らかくてとりわけ美味しかったです。予期せぬものが当たりだとウレシイ。レモンだけでOKです。

f:id:fuwari-x:20210702165921j:plain

 

この蒸物は、ぐつぐつ音がしていました。ちらりと下を覗くと、発熱剤を入れたこんな演出。ちょっとしたことですが、聴覚からくる誘いは悪くありません。

f:id:fuwari-x:20210702170057j:plain

 

最後の台物は豚陶板。最初からセットしてあったものです。

f:id:fuwari-x:20210702165533j:plain

 

悪くはなかったけど、これは見たままのお味。インパクトに欠けるのが最後なら、なくてもよかったぐらい。

f:id:fuwari-x:20210702170003j:plain

 

ご飯が美味しいのは嬉しいですね。地場産キヌヒカリをほんの少しだけお願いしました。

f:id:fuwari-x:20210702170023j:plain

 

ピスタチオのケーキだったかな?フルーツは晩柑だったかと。

f:id:fuwari-x:20210702170035j:plain

 

19時から始まった食事は、20時半に終了しました。

どれも美味しくできていて満足でしたが、このところどこへ行ってもお造りがもうひとつに感じるのはなぜだろう。新鮮さではなく、もうひと手間掛けたものでないと、求める美味しさに行き着かないのかな。

でもそれは私の問題。前評判通り美味しい食事でした。

 

【伊豆下田】里山の別邸「下田セントラルホテル」温泉編

2021年(令和3年)6月

 

伊豆下田でも評判の高い下田セントラルホテルへ滞在しています。

ホテルの雰囲気は前回ご紹介しています。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

夕食の予約が19時だったので、先に大浴場へ向かいました。大浴場は宿泊棟から反対方向にあり、ふたつあるレストランのうちの「」を通り過ぎていきます。

f:id:fuwari-x:20210702094406j:plain

 

どうやらこちらは、グレードの高いお料理が提供されるみたい。掘りごたつ式のテーブルの落ち着いた空間が用意されています。

f:id:fuwari-x:20210702094419j:plain

 

先へ進むと湯上り処があります。

f:id:fuwari-x:20210628165934j:plain

  

湯上り処は過密を避けるため椅子が減らされており、ただの空間に近いかも。

f:id:fuwari-x:20210628165946j:plain

 

ただここで、お風呂上りに牛乳が飲めるところが、ちょっと面白いところ。

16:00-19:30のみのサービスです。

f:id:fuwari-x:20210628170005j:plain

 

奥にはマッサージマシンが2台。通るたびに1台は使用中だったので、有料だったかどうかは不明。

f:id:fuwari-x:20210628165923j:plain

 

エステサロンもあります。中国整体も同じくここで。

突き当りが女風呂。男女の入れ替えはありません。

f:id:fuwari-x:20210628170030j:plain

 

お風呂へは11-15時を除き入れます。

スリッパにはクリップをつけて自分のものを区別できるようになっていました。このごろはどこでもこのシステムですね。

f:id:fuwari-x:20210628170041j:plain

 

入ってすぐが洗面コーナー。5つ椅子があったと思います。客室にあったオールインワンのコスメが置いてあります。綿棒やブラシも。

f:id:fuwari-x:20210628170104j:plain

 

脱衣所は過密を避けるため、籠の数を減らしてあります。並んでいるのは子ども用。セキュリティーボックスもありました。

f:id:fuwari-x:20210628170053j:plain

 

大浴場のシャワーはひとつ置きに使うように書かれていました。

ここと左奥にもう1ヶ所3つほどのシャワーコーナーがあります。ブースによってクレンジングがあったり、ピーリングが置いてあったりするので、ちらりとチェックしましょう。

f:id:fuwari-x:20210628170118j:plain

 

開放的な温泉です。銭湯のように、塀を隔てて男風呂が左側にあります。

f:id:fuwari-x:20210628170131j:plain

 

ガラス張りの向こうは露天風呂。里山の中らしく、木々に囲まれて森林浴が楽しめる造りになっています。

f:id:fuwari-x:20210628170144j:plain

 

温泉上がりには、お楽しみの牛乳。

牛乳とコーヒー牛乳がありました。なんとなく郷愁に誘われてコーヒー牛乳を飲みました。何年ぶりになるんだろう。何十年ぶりか?懐かしい味が美味しかったです。

f:id:fuwari-x:20210628170019j:plain

 

翌朝との2度しか入りませんでしたが、お肌すべすべのいい泉質。

44室のホテルに対しては、ゆったりしているんじゃないかと思いました。サウナも稼働させていたので、お風呂をゆっくり楽しめると思います。

 

【計るだけダイエット】目指せ3kg減!13ヶ月&初夏の収穫

f:id:fuwari-x:20200611142305j:plain

まだやっているのか、計るだけダイエット

いい加減にしようと思いつつ、この習慣もやめてしまってはリバウンドに歯止めがかからないので、月に1度の振り返りをしようと思います。

 

もはや、ダイエットではなく計っているだけ。

でも、1ヶ月を振り返ると気づくことも多くあります。

 

この3ヶ月を見るとちょっと体重が減ったあとは現状維持状態。突出しているところは旅行したところです。

f:id:fuwari-x:20210630095636p:plain

 

でも、半年振り替えると体重が減ったというよりは、増加傾向なのでは?という疑念が湧きました。

f:id:fuwari-x:20210630095640p:plain

 

確かに2月以降、大きくリバウンドしたところからは減らしていますが、全体から見ると増加傾向にあります。

去年、ダイエットの開始時には1ヶ月で大幅減を得ていたので、それを外せば増加しています。

f:id:fuwari-x:20210630095632p:plain

 

振り返ってわかったことにはここのところは何の努力もしていないのです。

目標を決めて再び何かに取り組まないことには、いずれまた冬が着て体重増の道を辿るのでしょう。

どこかで仕切り直しをしようと思います。

 

さて、初夏の手仕事の記事で、塩らっきょうを漬けたいと書きました。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

鳥取産らっきょうは高額過ぎて手が出なかったけれど、鹿児島産で漬けてみました。

ちょっと外側が硬いのが難点。これが鳥取産と鹿児島産との相違か、はたまた時期が遅かったせいか。

f:id:fuwari-x:20210630100042j:plain

 

植付け時期は3月というライムを、むりやり植えたのが11月。

そこからまったく動かなかったのに5月には新芽が出て、今月には花が咲きました。

f:id:fuwari-x:20210630100004j:plain

 

下の方に見えるこれです。このあと、今は実もつけています。

f:id:fuwari-x:20210630100016j:plain

 

今年はうまくいったトマト。大ぶりで市販品に引けを取らないサイズです。

f:id:fuwari-x:20210630095744j:plain

 

娘が銀座へ行ったときに買ってきてくれた空也もなか。朝作って、売り切れたところで販売終了のこのもなかは、予約必須と言われています。事実、娘が買った11時には、残りわずかだったそう。

f:id:fuwari-x:20210630095903j:plain

 

私はもなかは苦手ですが、このすっきりした甘さはさすがの銘品です。

 

最後に。コロナ感染者数です。

徐々にワクチン接種対象者も増え、40代の同僚もすでに1回目の接種を終えたそうです。感染拡大は止みませんが、共存しながら世の中が落ち着いていくといいですね。

f:id:fuwari-x:20210630095644p:plain

【伊豆下田】里山の別邸「下田セントラルホテル」室内編

2021年(令和3年)6月
 
あじさい祭を見終わって、伊豆急下田駅へ戻って来ました。
前回記事はこちらです。 
ホテルからのお迎えは15時から18時まで。毎時ちょうどの時刻です。
事前にホテルより電話があり、コロナ禍での注意とお迎えのバスは座席数を減らして運行しているので当日変更ができない場合もある旨伝えられていました。
乗車したのは相棒と私のふたりだけ。
 
今回のホテルは伊豆急下田駅から2駅戻ったところが最寄駅ですが、下田観光が便利なように伊豆急下田駅を送迎の拠点として設けているのでしょう。15分ほど走ります。
海から内陸に入り、牧歌的な風景に変わっていきます。
 
まわりの風景を損なわないような低層の建物が見えてきました。
雰囲気のいい造りです。

f:id:fuwari-x:20210628102039j:plain

 
こちらが今日のお宿「里山の別邸-下田セントラルホテル」です。
夏休みだと2人で最安値でも21,000円/人のこのホテルに、今回は16,120円という破格の価格で泊まれました。ポイントの即時利用で朝夕食付き2人30,630円です。

f:id:fuwari-x:20210628102027j:plain

 

39室のコンパクトなホテルです。チェックインはフロントではなく部屋ですると案内がありました。

f:id:fuwari-x:20210628101951j:plain

 

夕食は17:45と19:00の二部制。チェックインが遅かったので、すでに17:45の部は埋まっていました。 

18時まではこちらのバーで日本酒の試飲もできるということでしたが、満席だったので夕食時にお願いするしかなさそう。

f:id:fuwari-x:20210628101939j:plain

 

里山を眺めるカウンターは居心地が良さそうだったのに、ここで飲めなかったのは残念。

f:id:fuwari-x:20210628101928j:plain

 

売店にはビールも日本酒も置いていましたが、空いているだろう温泉を優先することにしました。

f:id:fuwari-x:20210628102002j:plain

 

建物は中庭を囲んだ2階建てです。

f:id:fuwari-x:20210628101906j:plain

 

2階へ上がると吹き抜けになっています。

f:id:fuwari-x:20210628101853j:plain

 

向かいの棟の1階は宴会場、2階はコンベンションホール。いずれもその向こうに客室があります。

f:id:fuwari-x:20210628101815j:plain

 

お水の質がいいようで、中庭の池の鯉は育ちすぎているとホテルの人が笑って教えてくれました。

f:id:fuwari-x:20210628101842j:plain

 

中庭に面して部屋が続いています。廊下は広めでゆったり。

f:id:fuwari-x:20210628101828j:plain

 

中へ入ると、消毒液が備えられています。

f:id:fuwari-x:20210628101348j:plain

 

まっすぐ突き当りが洗面所。

f:id:fuwari-x:20210628101411j:plain

 

内風呂にも温泉が引かれていると書かれてあります。

f:id:fuwari-x:20210628101454j:plain

 

ごく普通のシステムバスで温泉気分を味わうには、この部屋は相応しくありません。グレードの高い露天風呂付きのお部屋がいくつかあります。

f:id:fuwari-x:20210628101505j:plain

 

洗面所は垢抜け感なし。置けるものはすべて置いてあるという感じでした。 

f:id:fuwari-x:20210628101422j:plain

 

シャンプー類は備え付け。オールインワン化粧水兼美容液は大浴場にもありました。

f:id:fuwari-x:20210628101433j:plain

 

コロナ渦だからでしょう。薬用ハンドジェルとうがい液も置いてあります。

f:id:fuwari-x:20210628101443j:plain

 

洗面所の手前にトイレ。

f:id:fuwari-x:20210628101400j:plain

 

部屋は、8畳とベッドルームのコンビネーションタイプ。

f:id:fuwari-x:20210628101157j:plain

 

座卓ではなくテーブルというところにイマドキ感があります。正座しなくていいのは楽かも。

f:id:fuwari-x:20210628101209j:plain

 

ベッドルームだと、このあと誰も部屋に入って来ないところがメリットですね。

f:id:fuwari-x:20210628101147j:plain

 

窓の外には穏やかな里山の風景が認められます。

f:id:fuwari-x:20210628101222j:plain

 

障子を閉めるとちょっとまた違う雰囲気。外からの視線がゼロではないので、閉めるのもあり。

f:id:fuwari-x:20210628101235j:plain

 

クローゼットを開けてみましょう。

f:id:fuwari-x:20210628101311j:plain

 

バスタオル2枚ずつと浴衣、館内用のバッグなどが入っています。作務衣のほうが良ければそちらを選択することもできます。

f:id:fuwari-x:20210628101323j:plain

 

袋の中身は、タオル、足袋型ソックス、ブラシ、歯ブラシ。

f:id:fuwari-x:20210628101336j:plain

 

戸棚には、コーヒーやお茶の用意がされています。

f:id:fuwari-x:20210628101247j:plain

 

冷蔵庫の中には、無料のミネラルウォーターとウエルカムドリンク代わりの夏みかんサワーが入っていました。さっぱりとしていて美味しいジュースです。

f:id:fuwari-x:20210628101300j:plain

 

夕食まで1時間。

まずは大浴場へ汗を流しに行きましょう。