英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【屋久島】観光&トレッキング ベストな方法は?

2021年(令和3年)8月

 

負傷した足も回復していないのに、無理矢理屋久島行きを決行しています。

前回は、JRホテル屋久島の食事をご紹介しました。 

fuwari-x.hatenablog.com

 

屋久島を訪れる目的はいったい何でしょう?

観光目的の場合、JRホテル屋久島のHPに掲載されている地図を見ると、屋久島の外周と中心部の山間部に見どころがあることがわかります。

f:id:fuwari-x:20210831112806p:plain

 

どう見ても、レンタカー一択。でも、その選択肢が持てない私たちの場合、路線バスを検討します。屋久島交通のバスであれば1~4日の乗り放題券もあり、バスでの周遊も不可能ではなさそうですが、島西部の西部林道だけは抜けることができません。

f:id:fuwari-x:20210831112816p:plain

 

ただ、数日滞在するのであればまだしも、主要な観光地となるヤクスギランド白谷雲水峡へ行く場合は乗り継ぎがあり、かなりの制約が出てきます。

f:id:fuwari-x:20210831112757p:plain

 

路線バスは、もうひとつまつばんだ交通もあるのですが、こちらはもっと少ない。1日ほんの数便です。こちらは先のバス乗り放題券は使えないので注意が必要です。

f:id:fuwari-x:20210831112811p:plain

 

滞在日数も少なくトレッキングを主目的にしない場合、やはりツアー参加が便利です。特に屋久島交通のツアーは、空港から乗車して白谷雲水峡へ行けるDコースがあり、宮之浦地区に宿泊していた同行者ともうまく落ち合えるので、私にとっては好都合でした。ところが電話予約したところ、その日は催行中止が決まっていますとつれない返事。私の滞在中に催行日はなく、白谷雲水峡へ行けないことが確定してしまいました。でも、同行者に聞いたところによると、バスを降りたところから登山道が始まり、到底無理だったという話なので、これで良かったのだと思います。

f:id:fuwari-x:20210831112802p:plain

 

がっかりしなくとも、もうひとつまつばんだ交通のツアーやくざる号があります。こちらは白谷雲水峡は入っていませんが、屋久島を1周できるコースです。

f:id:fuwari-x:20210901100344p:plain

 

数字の順に時計回りに回るのですが、尾之間地区に泊まっている私たちは1番の千尋の滝(せんぴろのたき)は行くことができません。でも、1日コースランチ付きで5,500円はお手頃。午前の1~6番だけ、午後の7・8番だけ参加するコースもあります。

f:id:fuwari-x:20210831112828p:plain

やくざる号は、海外旅行のツアーでもたびたび利用しているVELTRAのほか、いくつかのツアー会社で取り扱いがあります。でも、前日キャンセルができるのはまつばんだ交通のグループ会社が運営する旅プラスワンのみ。足も回復途上、雨の中ヤクスギランドへ行ける状態ではなかったので、こちらから予約しました。その代わり、支払いは現金一択です。

 

本格的なトレッキングが参加したい場合は、私が予約した旅プラスワンももちろん、VELTRA屋久島観光協会から登録ガイドを探すこともできます。人気はやはり、私もしつこく登場させている白谷雲水峡もののけ姫の舞台となった苔むす森を通って太鼓岩まで行くと絶景が見渡せるようです。

画像4

(鹿児島県観光サイトより)

 

他には、屋久島の象徴的存在の縄文杉へ行くコースや、屋久島最高峰の宮之浦岳を登るコースなどもあります。宮之浦岳の標高は1,936m。屋久島最高峰であるだけでなく、九州最高峰でもあります。

(wikiより宮之浦岳)

 

自力でいく場合に助けになるサイトは、屋久島レクリエーションの森管理協議会が運営する屋久の旅。ヤクスギランドと白谷雲水峡のおおまかなルートがわかります。

 

装備については、同行者が1~2泊目に泊まったTHE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST(旧シーサイドホテル屋久島)では、レンタルがありました。 登山靴、レインウェアのほか、ヘッドライトやストックが2泊3日500~1,500円とお手頃な価格です。同行者はストックを借りて白谷雲水峡へ行ったと言っていました。レンタルショップもいくつかあります。

お弁当の調達は、たいていのホテルで朝食をお弁当に変更してくれるようです。

 

また、シュノーケルやサップ、カヌーなど海や川でのアクティビティも豊富です。アウトドア派には、何日あっても足りないことでしょう。

 

次回からは、私が参加したやくざる号の模様を2回に渡ってお届けします。