英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【リスボン】1年越しの念願叶いスペイン・ポルトガルへ!-後編

 
ポルトガルは地中海性気候で日本とは逆に冬の降雨量が多いです。
でも、晴天に恵まれ、暖かい日が続きました。
 
ケーブルカーと同じく長蛇の列だったサンタ・ジュスタのエレベーターは、早朝に行くとすいていました。

f:id:fuwari-x:20190814103331j:plain

f:id:fuwari-x:20190814103336j:plain

 
この日は、サン・ジョルジュ城址へ。バスに挑戦しました。
リスボンはバスを駆使すると便利に廻れますが、どうやって路線図と時刻表を手に入れればいいのかわかりませんでした。
遠くに発見のモニュメントのある橋が見えますね。 

f:id:fuwari-x:20190814103345j:plain

 
城址から出ると、道はこんなに狭い。
ぐんぐん下っていくと、ポスタル・ド・ソル広場へ到着。

f:id:fuwari-x:20190814103350j:plain

 
眼下に広がるのはアルファマ地区。
素敵な街とは聞いていましたが、なんせ実はこれが相当の下り・・・

f:id:fuwari-x:20190814103358j:plain 

 
この日の食事は本当に美味しかったです。
サンタジェスタのエレベーターを上がって少し行ったところにあるレストランSinal Vermelho-Actividades Hoteleiras De Marques & Abreuです。
(どこまでが店の名前かいまひとつわかりませんが、グーグルマップではそう載っています)
 
タコのマリネ

f:id:fuwari-x:20190814103402j:plain

 

イベリコ豚のステーキ

f:id:fuwari-x:20190814103407j:plain

 
翌日は最終日。
15時にはリスボンを出発して空港へ向かわなければなりませんでしたが、思い切って電車に乗ってシントラへ行くことにしました。
 
時間がないので、ペーナ宮殿見学のみ。
何とも奇妙な宮殿・・・

f:id:fuwari-x:20190814103414j:plain

 
イスラムっぽさも加味されていて、それでいてゴシック様式もあって、何とも言えない雰囲気。でもそれが、世界遺産たる所以らしい。

f:id:fuwari-x:20200220132338j:plain

 
シントラを早々に切り上げて、ロカ岬行のバスに乗りました。
ユーラシア大陸の西の果てです。
 
バスが大幅に遅れて心配になってきたので、ロカ岬に到着してこの写真を撮って、そのまま大慌てで同じバスに乗り込みました。乗らなければ、この最果ての地で1時間待たなければなりません。
なぁなんにもないところでしたが、なぜか日本人は最果て好きだそうです。
わかるわかる。 

f:id:fuwari-x:20190814103420j:plain

 
海沿いの街、カスカイスに向かいます。
カスカイスは、リスボンから発見のモニュメントを横目に電車に乗ると着きますが、今回はその逆回りで山側のシントラから。
 
温暖とはいえ、真冬なのに、ウエイクボードに乗っている人たちがいました。

f:id:fuwari-x:20190814103426j:plain

 
このO Pescadorでの食事もとてもおいしかったです。店名を検索するとホテルも出てくるのですが、グーグルで調べてヒットするほうが当たりです。
 
海老・アボカド・ルッコラのサラダ 

f:id:fuwari-x:20190814103431j:plain

 
マグロのステーキ(サツマイモ添え)

f:id:fuwari-x:20190814103520j:plain

 
食事はゆっくりできましたが、電車に遅れるわけにはいきません。もうギリギリ!ロカ岬であのままバスに乗らなかったらこの食事もできないところでした。 

f:id:fuwari-x:20190814103525j:plain

 
でも、最後にもうひとつハプニングがありました。
リスボンではチャージ式で電車に乗るのですが、その地下鉄の乗車駅では小銭でのチャージができませんでした。いやいやいや!昨日まではできたのに。
 
売店のお姉さんは小銭崩しの買い物さえ断ってくる(涙
もうこれさえ乗れば終わりなのに10EUR払うなんて嫌だ。
 
交通費嫌いの私
 
ええ。隣駅の国鉄ロシオ駅まで走りましたよ。EURチャージしました(笑 

f:id:fuwari-x:20190814103535j:plain