英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【シンガポール】1日目-4 オールインクルーシブのQuincy Hotelで飲み放題食べ放題(笑

 

オーチャード駅へ戻ってきました。ここの地下街、めちゃ難しい・・・最後までマスターできませんでした。あっちへ上がり、こっちへ下りて、ウロウロ、オロオロしましたよ・・・

ホテルは駅から徒歩10分強のこちら、Quincy Hotelです。

jp.hotels.com

 

今回のホテル選びは難航を極めました。観光目的というよりは、去年秋のマレーシア旅行でラウンジアクセス付にしたのと同じく、ホテルでまったりと過ごそうと思っていました。しかし、クアラルンプールは世界一安く5ツ星ホテルに泊まれると言われているお買い得地域。でも、そこと同じグレードのホテル選ぶと1.5倍以上にもなちゃうのです。

悩みに悩んで最終的に以下の3つまで絞りました。いずれも2泊分です。

  1. パン・パシフィック(マリーナ地区)      72,000円  9.2
  2. ロイヤルプラザ・オン・スコッツ(オーチャード)55,000円  8.4
  3. クインシーホテル(オーチャード)       40,000円  9.2

1と2はラウンジアクセス付の部屋で、どちらも朝食・アフタヌーンティー・カクテルタイムの提供があり、充実したホテルライフが過ごせます。特に魅力的だったのがパン・パシフィックで、ラウンジからはマリーナ・ベイが見渡せるようでした。きっと、マリーナ・ベイで行われる夜のショーも見えるのでしょう、カクテルタイムは開店するとすぐに席が埋まっていくと書かれていました。

それでも、たった2泊には高いんじゃないかと思って選んだのが、のロイヤルプラザ・オン・スコッツ。こちらはクラブラウンジがかなり充実しているという評判がありました。

妥当なのがクインシーホテル。駅からは10分ほど離れているのが気になりましたが、全館オールインクルーシブの部屋で、朝食からカクテルタイムまで用意されているとありました。

 

いっそ中堅ホテルで安く済ませて、食事を外でゴージャスにということも提案しましたが、なにしろ暑い国なので相棒はクラブラウンジにこだわりました。ならば、マリーナ・ベイが見渡せるパン・パシフィックに泊まりたい。でも、そのころクアラルンプールへの再訪も決めたので、散財が過ぎるだろうと反省。

相棒は、だったらそもそも行くことを止めればいいといったのですが(ごもっとも)、クラブラウンジはクアラルンプールで楽しむことにして、マリーナ地区を断念することにしました。最終的には、ロイヤルプラザ・オン・スコッツで予約するつもりでいましたが、直前になってクインシーホテルに心変わり。

というのは、料金の後ろに書いてある数字はHotels.comの評価なのですが、これが気になったのです。8.4って一番判断するのに難しい数字なんですよね。いろんなレベルの部屋を総合しての評価なので、クラブアクセス付の人がどれぐらい満足したのかがわかりません。それに対して、クインシーホテルは部屋のランクが広いか狭いのふたつしかない。この評価はたぶん間違いないと思い、こちらに決めました。

 

長々と書きました。私、ものすごく優柔不断なんです・・・

クインシーホテルへのアクセスは、車の場合はひとつです。右側のグレーのルート。ほとんどの宿泊客は徒歩でもこのルートを使っていると思います。ところが、もうひとつ点線のルートがありますよね。どう考えて途中で道路がもなくなるのですが、きっと行けると信じて行ってみることにしました。

迷っていたロイヤルプラザ・オン・スコッツの場所も書き入れてみました。隣が免税店だし、駅からも近いし、見た目もゴージャスだったので悪くないと思います。

f:id:fuwari-x:20190614132105p:plain

 

免税店に面している道路がスコッツ・ロードですが、ここを右折するよう書かれているその場所は、道路ではありません。よそのホテルの駐車場です(笑

このグッドウッド・パークホテルの駐車場を無遠慮にじゃんじゃん通っていきます。

f:id:fuwari-x:20190614132108j:plain

 

すると次に、YORK HOTELが見えてきます。柵でぐるりと囲まれており、万事休すかと思ったら・・・建物脇の駐車場から抜け出すことができました~

あ、ほら、私たちだけではなく他の人も通っているから、みんな使ってますよね?

f:id:fuwari-x:20190614132107j:plain

 

ちなみに、このあと一度駐車場への門が閉鎖されている時間帯がありました。引き返すなんてありえないと思ってホテルの中を通ってみたら、抜けられました。YORK  HOTELにはお世話になりました(笑

f:id:fuwari-x:20190614132106j:plain

 

クインシーホテルはこの向かいになります。駐車場を突っ切るときに撮りましたが、背の高いビルの右前。右肩にホテル名が入っています。そこから3階分ぐらい下に見えるバルコニーのような場所は、プールです。

f:id:fuwari-x:20190614132835j:plain

 

入ってすぐのロビー。この向かいにフロントがあります。荷物を預けに来たとき80SGDプラスすれば最上階の広い部屋が空いていると言われましたが、パスしています。優雅さは捨てたからこそ、このホテルなんだから。無駄遣いなしっ

f:id:fuwari-x:20190613162016j:plain

 

どうやら食事の提供は、ロビー奥のここみたい。確かに・・・クラブラウンジとは雲泥の差。でも、借景が美しく気持ちのいい空間。

f:id:fuwari-x:20190613162017j:plain

 

 部屋に入ります。この広さなら及第点。

f:id:fuwari-x:20190613162006j:plain

 

窓下がベンチになっていて、外を眺めながら座るのに良し。

f:id:fuwari-x:20190613162007j:plain

 

でも、外の景色はこんな程度(笑

f:id:fuwari-x:20190617143306j:plain

 

デスクの上には水が2本用意されていますが、朝、荷物を預けに来たときにももらっています。備えつけのスマホもあります。

f:id:fuwari-x:20190613162009j:plain

 

デスク下には冷蔵庫。これらもすべてfreeですが、飲んだのは水とビールのみ。隣の引き出しにもホットコーヒーや紅茶の用意がしてありました。中に入っていたスナックも無料だったのかは不明。たぶん、あれだけが有料ということはなさそう。

f:id:fuwari-x:20190613162013j:plain

 

この部屋の衝撃は、バスルーム。部屋から見えるんだから~ でもこのおかげで部屋に広がりがあります。

f:id:fuwari-x:20190613162008j:plain

 

バスルームに入るとこんな感じ。シャワーはバスタブ用とは別にあり、シャワールーム用にドアはあるけど、バスタブ側にはない。よって、バスルームはすべて湿度で満たされます。

バスルームの引き戸を閉めると部屋側にクローゼットがありました。スリッパがあったのは嬉しい。

f:id:fuwari-x:20190614120523p:plain

 

バスルーム側から部屋を見ると、やっぱり丸見え。でも、ご安心を。ちゃんとロールスクリーンがあります。

f:id:fuwari-x:20190613162012j:plain

 

シャワーはうまく固定できなくて使いづらかったです。でも、逆に固定式ではないので持って使うなら問題なし。

f:id:fuwari-x:20190613162011j:plain

 

アメニティはシャンプー・リンス・ボディーソープとボディーローション。歯ブラシがあるのはアジア圏ならでは。

f:id:fuwari-x:20190613162015j:plain

 

早速、アフタヌーンティータイムを楽しみにラウンジへ。キャロットケーキとココナッツ味のお菓子など、少しですがそれでも充分。

f:id:fuwari-x:20190613162018j:plain
f:id:fuwari-x:20190613162019j:plain

 

窓際の席でゆっくりといただきました。でも、16時前。18時に迫っているカクテルタイムに差し障るよね。

f:id:fuwari-x:20190613162020j:plain

 

わかりにくいと思いますが、真ん中左の鏡のところに埋め込まれているのはソフトクリームメーカーです。トッピングにチョコレートなども置かれていましたが、翌日、タルトにかけている人を見かけて、私も倣いました^^

朝食やカクテルタイムの軽食は、このカウンターに用意されます。右に奥に向かって並んでいるのがそれです。

f:id:fuwari-x:20190613162021j:plain

 

過ごしやすい気温ではありましたが、きのうから汗だくのまま、さらにこの日も1日歩いたので、もう外出は終了。シャワーでさっぱりしてからカクテルタイムに再び参上です。

19時前に、夕食に下りました。カナッペ程度かな?と思っていましたが、きちんと夕食になるだけのものが揃っていました。これは・・・チキンだったかな?

f:id:fuwari-x:20190613162023j:plain

 

春巻きはちゃんと温かくて美味しかったです。

f:id:fuwari-x:20190613162025j:plain

 

こちらは蝶々型のパスタ、ファルファッレのクリームソース。

f:id:fuwari-x:20190613162022j:plain

 

なにより気に入ったのが、これ。もともと海外へ行くたびにタイ米を買うほどあの香りが好きなのですが、すごーく気に入りました。ベトナム風チキンチャーハンってとこでしょうか。Vietnamese Chicken Fried Riceと書いてありました。

f:id:fuwari-x:20190613162024j:plain

 

隣のカウンターにあったクラムチャウダーやチーズなどもいただいています。

f:id:fuwari-x:20190613162026j:plain

 

ところで。飲み物を聞かれたのでビールをお願いしましたが、そのときになってから部屋番号を聞かれました。帰り際、みんなレジのところでサインをして出て行きます。もしやアルコールは有料?でも、確かオールインクルーシブという説明だったような。チェックインのときにもらった紙にはカクテルタイムがあるとしか書かれていなかったけど、アルコールが有料か無料かまでは明言されていなかったな・・・でも、夕食に出掛けないんだったら、アルコール分が有料でもいいということになって、ワインも頼んじゃいました。そして、2杯目を頼んだところ、ボトルをテーブルに置かれたのでした。ってことは、間違いなく無料ですね。

f:id:fuwari-x:20190614142846j:plain

ホテルに戻る前にオーチャード駅の周辺でワインを探していたら、シンガポールってアルコールがめちゃ高くて、最安値でも1,500円ぐらいするんです。日本でいえば、たぶん料理酒に使う500円前後のワインと思うんですが、あまりの高さに驚愕していたのでこれは嬉しかった~

 

デザートまでいただいて、終了。右のはココナッツの入ったニョニャクエというプラナカンの人たちがもたらした生菓子です。ココナッツは大好きなのでウレシイ。シンガポールのお菓子は甘さ控えめで、私好みです。

f:id:fuwari-x:20190613162028j:plain

 

ホールの人はインド系やアジア系、一見とっつきにくいように思えたのですが、飲み終えたボトルを見てGOOD JOB!と笑ってくれました。もう、このホテルの大ファン!