英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【オーストラリア】アデレード最後のランチはインドネシア料理~シドニー空港ラウンジ利用であれれ?

 

アデレードでの図書館、博物館、美術館、どれも堪能して終わりました。街を楽しむという観光はほとんどしませんでしたが、ちょっと違うテイストの今回の旅行もまたいい時間になりました。

最後のランチは、ピックアップしていたお店に行ってみましたが、調べたところへ行くとたいてい開いていなかったり閉店してしまっていたりする不運に見舞われる私たち。今回もランチタイムは開いていませんでした。

うろうろして人気のありそうなお店を覗き見て入ったのがインドネシア料理のお店Bakmi Lim。ファーストフード店になるのかな。

f:id:fuwari-x:20190925101900j:plain

 

前日のチキン専門店と同じく、ここも注文の仕方がちょっと難しい。

まず、ベースをTraditional Noodles・Nasi・ビーフンから決め、次にトッピングを選ぶという流れです。

 

相棒が選んだのはTraditional Noodles、おうどんに近いかな。そしてトッピングはチキンとマッシュルーム12AUD(912円)。

f:id:fuwari-x:20190925101924j:plain

 

私はジャスミンライスが好きなので、Nasiを選びました。トッピングが Braised Pork belly、つまり豚の角煮をのせたもの。この角煮がすんごく美味しかったです。チリもプラスしてもらいましたが、容赦なく辛い。14AUD(1,065円)

f:id:fuwari-x:20190925101911j:plain

 

娘のビーフン&ローストポークは撮りそびれていますが、こちらも14AUD(1,065円)。 改めて日本円に直してみると、やっぱりオーストラリアって高いですね~ でも、この豚の角煮のボリュームから言えばお得とも言えるのかな。人気店でしたよ。

www.bakmilimnoodleproject.com

 

帰りは、U1 Grenfell st.からバスに乗りました。バス停には何番のバスが停まるか書いてあるのでわかりやすいです。

f:id:fuwari-x:20190925101351j:plain

 

地図を拡大してみましょう。すべてのバス停に番号があるので、慣れればとても分かりやすいと思います。

f:id:fuwari-x:20190925101003j:plain

 

帰りのチケットはドライバーから直接購入なので現金のみです。チケットは有効化したときにはじめて使ったことになるので、アデレード駅などで先に購入しておくことも可能です。その場合はクレジットカードもOK。

1番上は友人のところへ行ったときの1日券。次がピーク時のチケットで、最後がオフピークチケットなので安いです。2時間有効なので、有効期限の時刻が刻印されています。

f:id:fuwari-x:20190925101342j:plain

 

アデレード空港までは約25分。

f:id:fuwari-x:20190925101014j:plain

 

ヴァージンオーストラリア航空15:40発でしたが、30分ほど遅れたので少し焦りました。シドニーでの乗り継ぎ時間は3時間です。ただ、ANAと通しで乗継便を購入した場合はの相手航空会社はヴァージンオーストラリア航空なので、めったなことで乗り継ぎできないということはないと思います。甘い?

たぶんそのためか、ANAとヴァージンオーストラリア航空のアライアンスは違いますが、バゲッジスルーは可能 なので、荷物は日本まで送ってもらうようにお願いしました。(往路は必ずシドニーでピックアップが必要なので不可です)

f:id:fuwari-x:20190925101025j:plain

 

シドニー空港で失敗したのは国際線への移動。今はT-BUSが無料なので、外へ出ればよかったんです。でも、発券時にヴァージンオーストラリア航空のバスに乗る案内をもらったので、それに従ってGate46へ向かってしまいました。

下へ降りると航空会社のカウンターがあり、国際線チケットの確認をされました。バスは待機していましたが、だーれもいないので、もう少し人が集まるまで待ちますと言って20分ほど待つハメに。

f:id:fuwari-x:20190925101037j:plain

 

国内線から国際線の移動はバスで15分ほどあるので、結局シドニー空港へ着いてから1時間近くたって予約ラウンジに辿り着きました。

f:id:fuwari-x:20190925101048j:plain

 

入ってすぐ、個室っぽいゾーンもあります。

f:id:fuwari-x:20190925101059j:plain

 

食事が用意されているカウンターがあり、奥に座席。

あれ?昨秋にタスマニアへ行ったときとラウンジの様子がまったく違う・・・なぜ?前回はクリケットの試合を白いカウンターのところで観た記憶が鮮明にあるのに、こんな短期間に改装してしまったんだろうか?

f:id:fuwari-x:20190925101111j:plain

 

座席は、ソファーやテーブルなどいろんなタイプが用意されています。残された時間は1時間。頭の中は疑問符だらけだけど、とにかく食べよう(笑

f:id:fuwari-x:20190925101121j:plain

 

前回よりも品数はちょっと少な目っぽい。でも、お味は断然今回のほうが美味しい~!!

f:id:fuwari-x:20190925101132j:plain

 

このチキンは絶品。かりっとしててジューシーで、思わず二つ目も取りに行ったほど。

f:id:fuwari-x:20190925101205j:plain

 

こちらはマルタ料理のPastizzi(パスティッツィ)というペストリー。これはミンチ肉が入っていたと記憶していますが、リコッタチーズが入ったものが代表的な味みたい。

パイ生地が何層にもなっていて、調べるとイタリア・ナポリsfogliatella(スフォリアテッラ)をマルタ流にアレンジしたものという説があるようです。納得!

f:id:fuwari-x:20190925101216j:plain

 

ナポリで食べて、とても気に入ったのをよーく覚えています。

fuwari-x.hatenablog.com

 

こちらもやはりパイ生地に包まれたソーセージ。

f:id:fuwari-x:20190925101227j:plain

 

フィッシュカレー

f:id:fuwari-x:20190925101238j:plain

 

カレーとくれば、もちろんジャスミンライスも。

f:id:fuwari-x:20190925101249j:plain

 

飲み物はシャンパンもあったし、ビールも各種置いてありました。アルコールも合格!

f:id:fuwari-x:20190925101143j:plain
f:id:fuwari-x:20190925101153j:plain

 

サラダコーナーにはバルト三国で食べ損ねたピンクのボルシチの正体、ビーツもありました。インパクトはあっても食欲にはつながらないピンクですが、味もなかなかのもの。

f:id:fuwari-x:20190925101300j:plain

 

結局、1時間の間にデザートまでいただいてラウンジを後にしました。

f:id:fuwari-x:20190925101311j:plain

 

このラウンジの謎、どういうことだったかというとシンガポールSilverKlisLoungeっを利用したのでその名前を見つけて入っちゃいましたが、前回利用したのはニュージーランド航空のラウンジだったんです。同じスターアライアンスのラウンジがふたつ並んでいるというオチ。でも、断然SilverKlisLoungeのほうがおススメです。ただ、トイレはふたつしかありません。

 

ANAのHPではシドニー空港ではニュージーランド航空のラウンジが使えると案内していますが、シンガポール航空のラウンジも利用できました!

 

さて。旅行記はこれで終わりですが、最後の衝撃をご案内します。

 

エコノミークラスの食事は夜のみ!

 

びっくりでした。夕食後、ひとりずつに袋を渡され、そこにハーブの入った蒸しパンのようなものとスナックバー、Tim Tam、水が入っておりお好きなときにお召し上がりくださいと放送が入りました。

ビジネスクラスの専有面積が増え、ただでさえ肩身の狭いエコノミー、もはや乗せてやっているという扱いに成り下がっているような気がします。国際線でこれってひどすぎると思いませんか?

冬の欧州便がどう変わっているのか、ちょっと恐怖です・・・

 

この旅でのレート:キャッシング100AUD≒7,451円 1AUD≒76.1円

 

お土産と機内映画の備忘録を次回に書き残します。