英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【秋田】はじめての秋田3日目-3 民俗芸能伝承館からJR東日本の広告で有名な秋田県立美術館へ

2017年(平成29年)3月19日(土)
 
はじめての秋田。市内観光に回っています。 
旧金子家住宅の隣、民俗芸能伝承館を見学します。 

f:id:fuwari-x:20190405124838j:plain

 
秋田といえば竿灯祭りが有名ですよね。

f:id:fuwari-x:20190405124844j:plain

 
ここで面白かったのが、竿灯の体験させてもらえるんです。
私もしてみましたが、子ども用サイズで数秒しかできませんでした。
重いんですよ。 
 
壁に各サイズがあって、私が体験したのは右からふたつ目のもの。

f:id:fuwari-x:20190405124850j:plain

 
地元の子たちは、早ければ4歳から練習を始めるんだそうです。
すごいですよね~

f:id:fuwari-x:20190405124855j:plain

 
技の説明も書いてありました。額や腰などに乗せるんですよね。
迫力あるだろうなぁ~ ぜひぜひ見に行ってみたいです。
8月3~6日と書いてありました。
 
それ以外にも、土崎新明社祭の曳山行事、ぼんでん祭りが紹介されていました。

f:id:fuwari-x:20190405124907j:plain

 
ぼんでん祭りは1月17日、冬の行事。
五穀豊穣、商売繁盛、家内安全などを願ってこのぼんでんを奉納します。

f:id:fuwari-x:20190405124913j:plain

 
2階へ行くと、いくつもの民俗芸能が紹介されていました。

f:id:fuwari-x:20190405124919j:plain

f:id:fuwari-x:20190405124925j:plain

  
このあとは、楽しみにしていた秋田県立美術館です。

f:id:fuwari-x:20190405124931j:plain

 
秋田県立美術館は、安藤忠雄建築のまだ新しい美術館です。
入口は2階。スタイリッシュな階段を上がっていきます。入館料はわずか300円

f:id:fuwari-x:20190405124937j:plain

 
写真は禁止ですが、駅にJRのポスターがありました。
世界的画家、藤田嗣治の描いた秋田の行事
昭和12年、わずか14日で描いたそうですが、縦3.65m×横20.5mの大壁画です。 
 
この美術館は、作品数は決して多くないのですが、逆にその方がどれも心に残ります。藤田嗣治自身がくつろいだ姿を描いた作品や、戸塚の家の様子など、ほんわかするものが多かったと思います。
 
この美術館のラウンジがまた素敵。
写し方が悪くて分かりにくいのですが、水庭があるんです。
翌日、外から写した写真と併せて見てください。
 
中から見るとこんな感じ。
右手にお寺の屋根のような建物が見えますが、旧秋田美術館です。
こちらも素敵ですよね~ 
 
外から見ると、1階の屋根にあたる分が、この水庭になっています。 
 
閉館まで、わずか45分しかありませんでしたが、作品数の少なさのおかげで、ゆっくり見学することができました。
 
ここで、絵葉書を買って、海外のときと同じように自宅へ送ってみました。
さすがは国内、1日で着きましたね。
 
このあと、酒の肴を買い込んで、買った日本酒2本とも空けてしまいました。