英語も話せないし飛行機も苦手、それでも個人手配で海外旅行

交通費嫌い。飛行機は苦手だけどヨーロッパ大好き。空港ラウンジ目的でSFC修行済み。休暇の取れない勤め人。

【静岡】伊豆高原3日目 大室山

2017年(平成29年)10月8日(日)
 
3日目。
下田まで行くことも考えたのですが、せっかく伊豆高原に宿泊しています。
あまり便利とは言えない伊豆高原内を回ろうということになりました。
目指すは大室山。
 
バスを待つならあと1時間後でしたが、徒歩なら宿から25分とありました。
暑い日だったのでちょっと無謀かもと思いつつ、まだ早い時間帯だしボチボチ歩き始めました。
 
別荘地の地理は難しく、スマホの地図が頼りです。
斜度30度はあろうかという急な上り坂、ここを上りきればもうすぐ。 
 
のはずが。
 
そこには「私有地につき進入禁止」とありました。
大室山の向かいにある、シャボテン公園の車用の出口でした。
たぶん、入っても抜けられるはず。
でも、ダメだったらやっぱり引き返すしかありません。
試しに進むわけには・・・いかないよね。
 
超不機嫌な相棒。
タクシーが来るまで動かないと仁王立ち。
シャボテン公園へ送迎したタクシーが、何度か通っていたので可能性はあります。
でも、もはや大室山へはいかないだろう様子から考えると、どの駅へ行けば?
 
バス停まではひとまず歩こうとお願いして、数百メートル。
見つけたバス停の時刻表によると、15分後に伊豆高原行、17分後に伊東駅行が来るとわかりました。
 
あと2駅で大室山。バス停から見える大室山。
行きたかったなぁ・・・

f:id:fuwari-x:20190405132310j:plain

  
すり鉢型で、眺望も抜群。伊豆高原の観光地で1番人気の場所。
でも、行くとはもう言わないだろうなぁ。
 
そこへ、向かい側にシャボテン公園行きのバスが通りました。
そうか、バスで行けばいいんだ。シャボテン公園から立て続けに来るということは、シャボテン公園へ向かうバスも立て続けにやってくるはず。
向かい側のバス停へ行ってみると、2分後にまた通過するとわかりました。
 
バスに乗ってみると、たった2駅でしたがなかなかの距離がありました。
歩かなくて良かったよ。 
 
大室山バス停に到着。
大室山は山全体が国立公園で、徒歩での登山は禁止されています。

f:id:fuwari-x:20190405132322j:plain

 
往復500円のリフトを利用するのみ。
せっかく無事に来られたんだもの、是非行って見ましょう。 
 
リフトは5分ほど待って乗れました。愛犬もだっこすれば乗れるようです。
 
すごい日差し。ススキがキラキラ陽を浴びています。

f:id:fuwari-x:20190405132334j:plain

 
所要時間は10分ほど。
降車近くなると、写真撮影があります。

f:id:fuwari-x:20190405132346j:plain

 
降りたところに売店がありました。
みたらし団子や、草餅なども売られています。
注文後、順番に札をもらって待つようになっていました。
 
でもまずは、ぐるっとまわりましょう。
1周1km20分だそうです。
カルデラ部分はアーチェリー場で、それ以外の人が降りてはいけません。

f:id:fuwari-x:20190405132352j:plain

  
向こうに目をやると、小室山が見えます。
その背後は、すぐ相模湾なのですが、靄で見えません。

f:id:fuwari-x:20190405132358j:plain

 
ああ、嫌な予感。 
そうなんです。
当然ここから富士山が見えるはずなんですけど、私、晴れ女ではありますが、富士山には縁がありません。江の島に行っても、芦ノ湖へ行っても、とにかく富士山を拝めないんです。
 
目的がそれではないときは、見えるんです。
新幹線から見る確率もかなり高いし、他の用事で通過するときはたいてい見えます。
でも、ここで富士山が見えたらさぞキレイだろうなぁという場所では、ダメ。
 
富士山の方角は、きっとどこかに書いてあるはず。
とにもかくにも一番高い場所まで歩くことにしましょう。
右側がアーチェリー場のカルデラの底、左側は相模湾の海岸線になります。

f:id:fuwari-x:20190405132422j:plain

  
海側は眩しく輝きながらも、海岸線を見せてくれています。
きのう行った城ヶ崎海岸の方角です。

f:id:fuwari-x:20190405132428j:plain

  
こちら側から見える景色には、伊豆諸島をはじめ房総半島まで書かれてありました。
でも今日は、曇っていたきのうでさえ見えた大島さえ見えません。
こんなにお天気なのに。

f:id:fuwari-x:20190405132440j:plain

  
リフトの降り口を正面に、一番高いところまでやってきました。
かすかに左側が入り組んで見えるでしょうか。
そのあたりが伊東です。

f:id:fuwari-x:20190405132447j:plain

  
もうちょっとズームすればわかるかな?

f:id:fuwari-x:20190405132454j:plain

  
案内板と見比べてみると、真鶴半島までは見えているようですね。
でも、近いはずの初島も見えずでした。

f:id:fuwari-x:20190405132500j:plain

  
で、富士山なんですが。
すこーしだけ、見えたんです。
 
ど真ん中の雲の上に、ちょこんと・・・

f:id:fuwari-x:20190405132505j:plain

 
雲の影みたい?
雲の隙間から左側の裾野がちらりと見えていますが、ほんと片鱗のみ。
どどーんと富士山を拝みたかったなぁ。
そしてその姿はやっぱり、雪を頂いていてほしい。 
 
大室山の記念撮影スポットは、富士山とともに写せるところにありました。
この大きさの写真だと、雲に紛れて見えないですよね。
あまりにも微かだったので、〇印もうすーく入れました。
拡大すれば、わかるのかなぁ。

f:id:fuwari-x:20190405132512p:plain

  
なんてことない場所ですが、車のない我が家ではここへ来るのはなかなか難しい。
相棒も大満足してくれました。 
 
このあと、伊東駅までバスで向かいました。
伊東では食べログの評価NO.1のお寿司屋さん 壽々丸 で、3,500円の地魚にぎり特選十種をいただきましたが、こちらも期待したほどでは・・・
 
いつも、ランチにしかお邪魔できない近所のお寿司屋さんが、いかに優秀かということがわかってしまいました。 
 
美味しかったのが ねりものや 武 のかまぼこ。
金目鯛のかまぼこと、ほたてベーコンを買いましたが、ふわっふわ。
もっと買って帰ればよかった~ 
 
次回は、下田まで行きたいのだけれど、遠いなぁ・・・
魚はなかなか満足いくものに出会えないので、お肉を求めて出掛けるかなぁ・・・
 
  【完】